FC2ブログ

メープルランドの日常

~愉快でユーモラスなバイリンガル都市生活ブログ~

【125】ショーを見に行って来ました



産後、習い事のベリーダンス(中東が期限と言われる女性的なダンス)を再開して一年が過ぎました。



いろんなスタイルがあるダンスですが

英語では一般的に

belly dance または oriental danceなどと言われます。



今年からは産前からお世話になっていた先生から離れ、

違うダンススタイルの先生に習いはじめています。


アラビア語で「タラブ」というのですが

心に響く歌い手や音楽やダンサーと観客との気持ち高まる感じ(言葉にするのは難しいんですが)

新しい先生のダンスでは感情表現がとにかく

タラブに感じられて

私の「こんなふうに踊ってみたい」

にとっても近くて気に入っています。


そんな先生も参加したショーが先日あったので

娘を連れて見に行ってきました。




夜7時から3時間…

普段8時半には眠くなる娘がどれくらい

起きていられるか、ぐずらないか心配でしたが、

結果大興奮で自ら踊りだしてしまう始末で

とっても楽しんでくれました




今回は大きなステージではなく

hafla (ハフラ)
と呼ばれる小規模なもので、

参加者が集まって

一人舞台初の度胸だめしでもいいし

大きなショーの前の練習目的でもいいし

クラスで習った振り付けを衣装着てやってみるなんて気楽な人もいる

パーティー感覚のショーでした。







日本でもハフラに参加したり見に行ったことがありますが

やっぱり音響準備にしろ

ダンサーの態度にしろ(笑)

カナダはツッコミどころあり

そういう面でも見ていて面白かったです



参加者にはプロで教えてる先生レベルから

始めてせいぜい2年目くらいかな?の目立ちたがり屋お年寄りダンサーまでいて

みんなそれぞれの理由で楽しんでいて

学ぶところもたくさんありました。



10年以上続けている私ですが、

やはり人前に立つからには

練習に練習を重ねてミスしないで踊る、

という状態にならないと

恥ずかしくて参加したくないと思っちゃうのですが…

こちらの人はそんなことお構いなし!


下手だろうが

振り付け全然覚えてないじゃん、って状態でも

やっちゃう、踊っちゃう度胸はホントにあっぱれ。



自分が楽しけりゃいい、

が基本にあるし

周りもやっぱりノリがいい。



そして、

ふくよかすぎて正直なところ見苦しい…と思えるほどの

巨体ダンサーもいました。
ショーの間は撮影禁止だったので…写真がないのが残念。


衣装、絶対特注だよね?の大きさで…


でも彼女は堂々と演技を始めて

すっごい独特のオーラ。


でもって、

上手い!


で、

臭い!


尋常でなく

クサ------イ!!!


演技の後半

汗で悪臭を放ってのフィナーレ…!(笑)


会場の誰もが鼻を曲げながらも

拍手喝采でした




ハフラのような手作りの舞台では

リハがちゃんとされてなかったりなので

結構ありがちな音響の難、

曲の頭出しの難

など技術面の不便が相次いでいたのですが、

日本じゃダンサーは仕方ないとしてとにかく出てきた音に合わせて

演技を始めて乗り切るだろうところ。


こちらでは

キラキラの衣装をまとった可愛いダンサーからは想像もできない大きな太い声で

「もう一回はじめから音出して!」

「もっとボリューム上げ〜ぃ!」



ダンサーの態度もドデカかったりしますわ。

周りの反応も寛大だし。




他には

ちょうどジーノの斜め後ろに座っていた

見た目単なるおばはんが…

最後フィナーレを飾るダンサーだったことに驚きを隠せず(笑)



いや、

彼女こそプロでした。



だってその場でみんなのリクエストでかけた曲で即興で踊っちゃうんだもん(笑)

練習重ねた振り付けやらタイミングやらではなくて

まさに「タラブ」!

観客の拍手でさえリズムにしちゃう

な、何者ー!?って感じ(笑)

到底できない技だわー!



彼女は見た目からするとアラブ圏出身ぽいから

体に、DNAに、染み付いているんでしょうね…!



いつかそんなふうに踊れたらなあ憧れを抱くジーノでした。


hafla-2019



こういうショーを見に行く度に

ベリーダンスやっていて良かったなあと再確認します。



ダンスの中でも女性的な要素が最大限に使われるジャンルだし(男性ベリーダンスもあるにはありますが、別物)

スピードが問われる種のダンスとは違うので

年齢を重ねたからと言って

テクニックやダイナミックさが衰えるとは言えないし、

いや、どっちかというと

歳を重ねたほうがきらめくダンスのひとつ。



若くて可愛いダンサーの良さもあるけど

ふくよかなおばちゃんダンサーのほうが妖気、色気、ハンパなくいい!って思える。

自分がそうなれるかは別として(笑)

これからも続けて行きたいなあと思うのでした。




普段仕事、家事、子育てを繰り返しているだけなので

こういう習い事をすると普段会うことがない人と知り合え、

地域と関わっている感があります。


先生がショーを見に来ればーって誘ってくれたとき、

面倒くさいとか

娘がいて夜外出は大変だからと

理由をつけ行かないこともできたけど

とりあえず行ってみる、って大切だなあと思いました。



主催したグループの方も

チケット支払い時から私の名前を覚えていてくれて

娘を連れて行ってもいいか?とお願いした筋もあり

会場についた途端すぐに歓迎してくれました。



見ず知らずの人が笑顔で迎えてくれる、

そんな瞬間、自分がここに住んでいるのだなあ

と深く確認できたりするのです。



本当にいろんなルートでその場にいる人たちが

なにかの共通点で接する…

外国の初めて行った場所で感じるそんな感覚が結構好きなジーノです。

娘も「またキラキラ見に行きたい」

と言ってくれました。

うん、また行こう!


先生も「次はダンサーとして参加してね!」と言ってくれましたが…さあそれはどうでしょうね(笑)





  
 トークモアは人気上昇中の日本人講師メインオンライン英会話サイト!ワンレッスン300円~始められます!
 生徒さんのニーズに合わせた大好評ジーノレッスンはポイント 1コマ★750円★でレッスン中!詳しい講師プロフィールこちら
【只今育児奮闘中でレッスンお休みしてます】
スポンサーサイト
テーマ: 習い事♪ | ジャンル: ライフ

【124】コミュノトが便利



雪解けして、やっとプラスの気温になった!春だ!と思った途端

毎年雪が降る恒例、4月のモントリオールです。

snowagain-2019-01

snowagain-2019-02
半日くらいで積もってしまった恐ろしさ



春はそこまで来ているのに…実に憎いこの天気。


こんな時期を楽しむため

メープルシロップ祭

英語でSugar Shack (フランス語ではCabane à sucre)が各地で開催されているので

我が家は冬の終わりとしてお祝いします。 祭りの詳しい内容は去年の記事→こちら


ということで、メープルシロップ祭今年も行ってきました


sugarshack-2019-01.
食べるのに夢中で食べ物の写真を撮り忘れました・・・

sugarshack-2019-02
食後は雪の上のタフィ(メープルシロップの生飴)をいただく・・・本当においしいです

sugarshack-2019-03
sugarshack-2019-06
sugarshack-2019-05
動物と触れ合ったり、馬車で森を抜けたりと子供が喜ぶアクティブティーもあるのがこの祭



ということで、今日のお題はというと・・・・

こんな風に郊外へちょっとお出かけの日、我が家は

街の共有の車を使っています。

うちは車を所有していないので。

なぜかというと・・・・

モントリオール島内に住んでいると、

冬の車のメンテが超~~~~面倒、

基本的に徒歩自転車交通網で事が済むため特に必要ナシなので。



でもたまに車で大きな買い物をしに行きたいとか、

郊外にちょっと週末行きたいとかってことはよくあります。



そこで便利なのが

以前bixiというモントリオールの共有自転車を紹介しましたが(ブログ記事は→こちら)

これの車版です。






今日は、

共用自動車、コミュノトを紹介したいと思います♪

commuauto-01
こんな感じで街の指定されたところに駐車してあります

Commun-(共通の、共有の)という単語の端くれと、

Auto(車)という単語をくっつけて

Communauto

です。

https://www.communauto.com/index_en.html




これがまた、

市内に1000台以上の車が用意があるんですね~


モントリオール郊外は専ら車社会ですが、

市内は交通の便もまあまあ良いため

車を持ってない住民もたくさんいるのです。

冬は豪雪で車のメンテナンスが大変だし、

路上駐車のルールがいちいちめんどくさくて

工事中は車を動かさなきゃならなかったりで

けっこう自家用車をキープするのに頭を悩ませるので

このコミュノトはホント便利


commuauto-02
commuauto-03
このグリーンのマークが目印!




使いたい日に

使いたいだけ使えばいいのです。


レンタカーより安く、

また、24時間いつでもふらっと

30分単位で借りられるので

ちょっとした大きな荷物を運ぶだけ~とか

ちょっと郊外の大きいスーパーに買出し~とかでもOK!

commuauto-04
もちろん冬のために雪かき用の器具がトランクに積んであります



TOYOTAやNISSAN、FORDなどのハイブリッド車が指定された街のあちこちに駐車してあり、

非常に重宝します。


我が家も数カ月に1~2回くらいは使うかな~ってくらいですが、

夫が会員になっています



週末郊外に日帰り旅行がてら行ったついで

帰りに大きなスーパーでの買い出しに使ったり、です。



会員になるには$500のデポジットがいるようなのですが、

払い戻してくれるので実際には発生しない金額みたいです。


使用頻度などによって選べる

Value Plan Open Planの2つの会員プランがあって

一年で $40払い、

あとはその都度の時間割での使用費を払うだけです。
借りる前に大体の走行距離を入力する必要もあるみたいですが。



返却するとき

ガソリンは少なくとも1/4入れておき、

ガソリンのレシートを提示すれば返金されるのだとか(使うプランによるみたいですが)。





いくらになるのか予定している走行距離を入力して事前に知ることもできます。


ちょこっと借りのレートがとにかく安い!のでレンタカーより使い勝手が良い点が気に入っています。

ウェブサイトにこんなふうに書いてありました。

As our regular rate varies between $2.10 and $5.60 an hour
(プランによって違いますが)1時間$2.10~$5.60(180円~470円ほど)です、と。


うちの近所にもたくさんのコミュノト車の駐車場があって

いちいち町のレンタカー会社まで営業時間に行って・・・という作業も発生しないので。

本当に便利!

各家庭が車を所有するよりも、環境にもいいですよね。

これからも大いに活用していきたいコミュノトです。


bluesky-2019
今週になってやっと雪が解けて青空、春らしくなってきました・・・





  
 トークモアは人気上昇中の日本人講師メインオンライン英会話サイト!ワンレッスン300円~始められます!
 生徒さんのニーズに合わせた大好評ジーノレッスンはポイント 1コマ★750円★でレッスン中!詳しい講師プロフィールこちら
【只今育児奮闘中でレッスンお休みしてます】


【123】ほんとにいろいろ怒り新党!!


日本は「令和」の話題で持ちきりみたいですね。

海外に住んでいるとほとんど使うことがないので正直、遠い国の話って感じですが。
領事館や大使館に書類を出すときくらいかな




さて、このあいだ年末年始は散々だったとブログで触れましたが、

今日はそのお話をまとめる努力をします。

いろいろありすぎてまとめらんない!

が正直なところ





只今このブログの下書きを書いているのは、

初めて来た遠い地の総合病院のアレルギー科の検査室で

8匹目のエビ  

を食べようとしているところなんです


allergy-01



なんでそんなことをすることになったのか?

を説明するには

クリスマスの時期、3~4ヶ月も前にさかのぼらなければならないのですね。


先日のブログではカナダでの情報の確実さに慣れない

という話をしましたが

まさにこれの連続で今日まで来ていまして、

一時期、発狂しそうなくらいイライラしてましたが

もうこんなもんだと諦めている時期に来ています(笑)






どこからお話すればいいのでしょうか?





うんと、じゃあまず


去年のクリスマス。

娘と夫はフランスへ二人で行ってしまい、

残って仕事だったジーノは2年半ぶりに一人になる時間があったのです。



私にとっては子供の世話や家事それほどしなくても良い夢のような10日間

この10日間をどれだけ楽しみにしていたことか…

そんなストレスフリーな日々の後半、

事態は起こったのですわ




いきなり体中が痒くなって赤いブツブツが上半身にできてることに気づいた休日の午後。


なんじゃこれー!と思ったけど、

朝起きたら治ってることを祈りつつ、寝る。


いや寝られないくらい痒く、起きる。



夜中鏡を見ると全身に広がっているではないか!!


いやあこれやばいでしょ?の域。


次の日、会社に連絡して近所のCLSCという保健センターみたいなところに相談に。
CLSCとは政府のやってる医療無料の機関で待ち時間が長い…が特徴なので大雪の極寒の中、朝イチで並んでいた事を伝えておこう(笑)



いろいろ話を聞いてもらった結果、ナースによるとどうも

先日の歯の治療後に2週間分処方された抗生物質の副作用ではないか、

と。


とりあえず納得するような答えは得たので

言われたように薬局で抗アレルギーの薬を買って仕事へ行くが、見た目がすごいブツブツなので同僚みんなに驚かれ、

私自身も痒くて仕方ない。


4日過ぎた頃、

薬のおかげかかなり痒みも減ってきて安心していたのだが…

6日目、またぶり返し!

ブツブツが小さいサイズに変わり、

日中は痒みを感じないものの

夕方はスネとふくらはぎがかきむしりたいくらい痒くて仕方ない。

薬は続けて飲んでたものの今度は一向に良くなってる様子もなく。




皮膚科に直接行けばいいじゃん、と思うかもしれないが…

カナダではまずファミリードクターという自分の専門の先生に紹介状を書いてもらわないと

いきなり皮膚科に行くのは不可能なのだ


それが・・・

ファミリードクターを探すのがそりゃあもう大変。


待ちリストに載せても軽く2年はかかって見つかるかどうか疑わしい運次第だという感じ。
カナダで生まれ育ったカナダ人でさえ自分のファミリドクターがいなかったりするのだ。



幸い、ジーノはカナダで出産した娘には運よくファミリードクターが見つかっていて、

毎回の検診で先生と仲良くなっていたので、

ジーノのドクターになってくれるかってずけずけと以前、お願いしたことがあった。

そしたら

「もちろんあなたのドクターになるわ!受付に電話してファイルを作ってもらえばいいのよ〜簡単よ!」

なんて軽い感じで口約束していたので、

これを機に、早速電話。



だが

電話…出な~~~~~い!

アホみたいに何度もかけてもずっとお待ちくださいのメロディーが鳴ってるだけ。



仕事の休み時間ごとにかけてたけど全くつながらず。

15分…30分…

3日目、

電話持ったまま45分待ってやっと誰か出た!



すると

もちろんドクターと私の口約束など受付が知っているわけもなく…

「先生が本当にそう言ったか確認して、今日か明日折り返し電話します」

と。

疑いつつもまた待つしかないのか。



もちろん全然電話かかって来やしない。


allergy-04




さらに4日目にしびれを切らせてこっちから電話するもやっぱり誰も出ない。

いくつもクリニックが入っているビルの受付と言っても

そんなに受付って忙しいか?の怒りが止まらない。

allergy-06



結局また

45分くらいメロディーを馬鹿みたいに聞いたあと

出た受付が言ったのは、

「私担当じゃないから、担当に電話つなぐわ」

と…

でもプルルるなってるだけで15分たっても担当とやらは出ず。



いやあ夕方だから帰ったんじゃない?の疑惑。

アホみたいだし

こんなことばっかりしていられないんだよ!!

とばかりに電話を切る



もうこの時点で蕁麻疹は治りかけ。

私が気にしなければもういいんだろうけど、

ここまでの時間とエネルギーを無駄にするのも尺なので…

ファミリードクターは諦めて、

次はアポ無しで行けるクリニックヘ( Walk-in Clinic ) 相談に。


ここも無料だけど、

アポなしなだけに…待ち時間問題。

でも家のすぐ近くに、前日にオンラインでアポ取れるクリニックがあるって調べたのでそこへ。



この時点で、

やっと本物ドクターに会えたのは

蕁麻疹が出てからもうすでに一ヶ月半経ってるからね。




もう何らかの知られざる原因で発症してた蕁麻疹、何らかの知られざる原因で治ってきたわ!(怒)




まあそのドクターもアレルギー科を紹介してあげる、と紹介状を書いてくれるだけの人。

何がドクターやねん!と突っ込みたい。



紹介状を得て、

同じクリニック内のアレルギー専門医に会えるのは再来月って言われて…

マジか…?と受付の人にキレぎみで強く言ったら

「ああ次の水曜日に空きがあるようね」

イヤイヤ、あるのかい?ちゃんと仕事してよ!!!と。


で、

アレルギー専門医にやっと会えたはいいんだけど…

ここに来てどうでもいいけど

このドクターはなんとも信用できない目

をしてるんだよね…

2ヶ月してこんな結果かよ?と突っ込みながらも、


その先生によると

「アレルギーの原因ははっきりわかることは少ない」

と。

てめぇ、なんのためにドクターしてるんだよいったい!(笑)


「疲れてるときに免疫力が落ちて反応が出やすくなることはある」


って、

ど素人でも想像できそうな言い草だ。



ここまで来てやさぐれても大人らしくないが、

とりあえず血液検査とかで調べられないんですかね?と強く出る。


「血液検査じゃあしてみよう。近くのCLSCに行ってみて」

と。

その足でCLSCに行って聞いたら

でた、受付の女!!!


「もうどのCLSCでも血液検査はやってません。総合病院に行って。」

ドクターの言ったことがどれだけ信用できないかわかりますか?

ちゃんと仕事してよ!



このタイミングで、電話。

忘れたころに、初めに電話してた娘のクリニックから、

ファミリードクターの件で先生に確認が取れたと。


ってか、電話してから2週間は経ってるよね。

もう今特に健康問題があるとすれば、

受付の雑な仕事による、医療システムの無茶苦茶なことからのストレスで血管切れそうだわ!


と叫びたい。


ここまでの来たら断る理由もないのでファミリードクターになってもらいましょうよ、とアポ。
電話口でジーノのファイル作るって対応した受付の女が鼻歌歌いながらだったのが失礼極まりなかったのは余談だが(笑)




日を改めて総合病院へ血液検査へ行ったが、この結果はファミリードクターが見られるらしいので

後日の信頼できないドクターとのアポはキャンセル。



オッケー、

娘のドクターだからやっと安心して会える相手なのだけど

この人も所詮ちょっとアドバイスして、アレルギー専門科ヘ紹介状を書くだけの人


紹介状を持って…受付へ。

「こちらから電話します」

でた!!!

電話しろよ、まじでー!!!

期待せず待ってるぜ(笑)
3日して電話来たけどな仕事中、しかもトイレに行ってたときに鳴って出られなかったのは余談だが(笑)



また別のアレルギー専門医とのアポ。


その先生にやっと会えた日、もうすでに蕁麻疹のジの字もなくなってたし、

なんのために会った?ってくらいクリスマス時期が遠い記憶(笑)


まあこの先生に全く罪はなかろう…

と思ったら

「(受付の間違いで)僕らはここで今日会うはずじゃなかったんだ」


と言われたときは

ごぉおおらぁああ~~~!!お前もか!!!!!!!!!!!ε=ε=(怒゚Д゚)ノε=ε=(怒゚Д゚)ノε=ε=(怒゚Д゚)ノ

と。


アポ取りの受付の女のミスで

私のアポは本来その先生の働く総合病院(街の遠い果にある)で取る必要があったそうで、

その日は無駄足だったという結果。

仕事ほぼ一日休んで来てるからね(笑)

単なる間違いとかもうやめて欲しい!

でもって誰か謝れ!!!



結局

「総合病院に電話してアポ取り直して、来月」

来月だぁ?

いやあここで電話させろ…!と強く出たが

もちろんこの病院も電話はラインが混んでますのメロディー。





もう諦めてしばらく電話してなかったけど怒りが収まっった数日後、電話。

今度は留守電があったのでとりあえずメッセージ残す。

また、期待せず待ってるぜ(笑)



また3〜4日してコールバック。
今回もコメディーみたいにトイレに行ってる2分の間に電話鳴って出られなかったのは余談だが。

また電話してやっとつながって

結局エビ12匹を持って来院が、今日。



エビ?


原因は…初めにナースが言ってたのと同様、 抗生物質説がまだ有力らしいが、

はじめの蕁麻疹が出た日にそういえば中華街でエビフライを食べた、

エビは問題ないはずだが妊娠中にちょっとエビで痒くなったかすかな記憶も話していたのでって話をドクターにしていたら

エビもテストしよう

となったわけ。



もう3ヶ月も経つとこのへんどーでも良いけどね(笑)

ってわけで

エビを食って椅子に座ってひたすら待つ

をやっています。



半日くらいで終わるかなーって思ってたけど

いやあこりゃ今日は仕事いけないだろうな(笑)のウスノロさと病院からの距離。

まあそれならそれでいいさ

仕方ない、ともう諦めておりますよ。


allergy-02

allergy-03





エビか否か

抗生物質か否か。




ほんとどーでもいいわ、もう。



右隣に座ってるおっちゃんは

ピスタチオでテスト中。
いやあ疑わしいなら食わなければいいよね?と思うのはここまで来るのに何度もヤサグれた私だけか?



ドクターも受付ももうしばらく会ったり電話したりしたくはないし。


結局この一連で一番感じたのは電話ストレス。

話がいちいち食い違ってても見えない誰かを責めることもできず。

ほんともうそれぞれ仕事ちゃんとしてくれと。


allergy-05



概要だけ書いても

こんな感じでストレスマックス。

この出来事を大雪の極寒の時期、

インフル、腰痛、頭痛、寝不足と闘いながら過ごしていたのは余談だが…

というわけで、

日本だと皮膚科へ行って金払って薬もらってはいバイバイな話なのかもしれないが、

カナダでは医療費はタダでも

ドクターにアポを取る、受付(の女)と格闘、コールバック、誤信情報、などなど

もろもろに強気で挑んで3か月かかったりするんですね。

言語がどうとか言ってられないんです。

自分が強くいないと、仕事やらない連中の中怒りで狂いそうになる時がありますよ~。

いやあ今回は参った。

でもって、

エビじゃなかったっぽいな。

この件はまだ解決しておらず、

来月(5月)にもう一回アレルギー科来てって言われてますが、

次回のアポ、本当に必要なのかはわかりません。

クリスマスからどんだけかかって本当の答えが出るのか出ないのか。

気の遠くなるような話です。

私の楽しみにしていた夢の10日間は何処へ・・・・・・・・・








  
 トークモアは人気上昇中の日本人講師メインオンライン英会話サイト!ワンレッスン300円~始められます!
 生徒さんのニーズに合わせた大好評ジーノレッスンはポイント 1コマ★750円★でレッスン中!詳しい講師プロフィールこちら
【只今育児奮闘中でレッスンお休みしてます】
テーマ: 暮らし・生活 | ジャンル: ライフ

【122】確実さと言う保証や安心感のなさ



お久しぶり、ジーノです。


先月末で正式に移民して5年目となりました。
学生のころから数えるとカナダ滞在歴11年くらいになりますか・・・

最近はマイナス10℃くらいなら手袋無しで外出できる自分がいて、

寒さも慣れたもの。

生活感覚も外国にいるという実感は殆どありません。




それでも全然慣れない事というのはやっぱりいくつかあって…

今日のお題は

カナダでの「確実さと言う保証や安心感のなさ」について。



何をするにも確実に情報が発信され受け取れる日本との違いは

暮らしていく中でやっぱり大きいです。


そして問題が起こったときに

誰の責任なのかはっきりしているところも日本ならでわのことで、

こちらではこれは常に不透明であることも多いのであります。



先日、

起きたら停電!となっていた朝があり

早朝から懐中電灯片手に娘と朝食。

手探りで仕事へ行く準備と娘の支度、家事をしていたのです。


夫からの情報だと

朝8:15に復旧予定だと電気会社のウェブサイトに載っているそう。

このウェブサイトの情報はまあ毎回当てにならず…

とりあえずいつものように娘を託児所に届けたあと出勤し、帰宅すべく17時過ぎ…

一足先に帰った夫からまだ電気が復旧していないとの連絡。

ウェブサイトは

白々しくも18:15頃の予定と変更になっているそうで…



日中ずっと冷蔵庫は動いてなかったし、

お湯も出ないし

第一暖房が切れているので寒い!

普段は20〜23℃くらいの室温設定なのに

10℃になってる…!



夕方暗くなってきて

月明かりならぬ、窓の外の雪明かりで生活…
娘は懐中電灯やろうそくを見るとハッピーバースデーの歌を歌い始める癖があるので楽しんでいる様子でしたが



18:30になっても全然電気がつかないので

また情報見てみると

23:30に変更されてるではないかっ。(更新されてるだけマシ?)

マジかよ!

昨日の深夜0:00頃からの停電、まる一日!

ここ一応先進国ですよね?!


次の日は電気がついてくれたけど、

家の外には

どでかいジェネレーターが爆音とともに稼働中。

何だ、復旧してないじゃんか!!!


その爆音で寝られない!っていうのに

誰かが直してる気配もなく

ジェネレーター(発電機)に任せっきりで、もう2週間経ってます。


generator
その大きさ、貨物の2~3個分が4台も!



先週電気会社からの公式文書?がポストに放り込まれていたのですが、

復興に約10日かかり、騒音でご迷惑をかけております

って書いてあったけど

その10日ってのはもちろんとっくに経っている


でもって

原因は電気の線が壊れているそうで

その修理のための部品の手配などで時間がかかっていると思われる。(あくまで想像)

だから

その見積もり時間を計算した上で10日って割り出すんじゃないのかい?

ということで

10日ってのはどこの目安で言ってるのか分からないし、

部品の手配の会社から部品が届いてないから作業できないとか言われちゃって

責任は電気会社ではない、となり

住人は誰も責められないのです。

つまり責めても意味がないのであります



このように確実な情報提供がない分、

住人も諦めが良いというかなんというか

抗議の電話をするとかも特になさ気な感じ。

日本じゃ、

おいどうなってんだー説明しろっていう声が聞こえてきそうなところ。

まあ確かに爆音はうるさいし、

巨大げねれーたー4台のせいで路上駐車スペースが大幅に取られているけれど、

電気は使えることは使えるし

まあ仕方ないなあって思っている程度。



こないだなんて

帰宅のバスをマイナス20℃の中待っていたけど

15分毎に来るはずの便が一本来ない。

つまり致命的な極寒の中、

結局30分も外で待つ結果に。




帰宅ラッシュ時ドンピシャ時刻だったので、

ものすごく長い列ができ

みんな同じ思いで今か今かとブルブル震えながら待つ。


日本じゃ文句たらたらの時間だろうし、

原因はなんだよ、どうなってんだよ

と問わずにはいられない。


しかしこちらはそういうところ、

ウィンターワンダーランド、カナダ。




逆にバスがやっと来た時はみんなで拍手喝采。

ドライバーにハイファイブしたりな(笑)


多分一本来なかった原因は

たまたまそこ担当のドライバーが風邪で休みやがって代わりがいないとかその程度のことだと思う。

でも原因突き止める人はいないし、

来たバスのドライバーに聞いてもらちは開かない。

さあ?って言われるだけ。

みんなもなんだろうポジティブ思考なのか?逆にやっとバスが来たことに大いに喜ぶ。


家について冷えた身体が自分の温度に戻るまで毛布にくるまって

熱いお茶を飲んで、

今年の冬一番の40分以上かかった致命的な寒さだった。


こんなのに慣れてしまうと、

電車が数分遅れただけで

アナウンスが入り

謝罪が入り

どこからともなく現れた駅員が自ら遅延証明を配ってくれるなんていう日本の「当たり前」


非常に異常であると思うのです。


スケジュール通り運行するのが当たり前、

代行のドライバーを手配するのが当然、

とされているような日本ではこんな思いしなくても良いのだろう。


でも

この寒さをみんなで(意味もなく)乗り切った!っていう(意味もない)喜び

日本ではあまり味わえない人との繋がりな気がする。


こんなこと頻繁にあっては困るが、

結構カナダではあるし、

こんな時こそ一番

みんなで同じ地球に生きてるって気がするジーノです(笑)


不便なこともたくさんだけど、

おおらかで人間らしいカナダ人達といると何故か元気になれるのです。





  
 トークモアは人気上昇中の日本人講師メインオンライン英会話サイト!ワンレッスン300円~始められます!
 生徒さんのニーズに合わせた大好評ジーノレッスンはポイント 1コマ★750円★でレッスン中!詳しい講師プロフィールこちら
【只今育児奮闘中でレッスンお休みしてます】
テーマ: 生き方 | ジャンル: ライフ

【121】トリリンガル+


もう2月も後半だし、寒さは和らいできたのかな~なんて

言った途端に大雪が降るってパターンのモントリオールです。

winterscene-2019-04
一晩でこれだもん。車が隠れて雪の山になっている。


毎年わかっちゃいるけどまだ春は遠い感じであります。



2歳数カ月になった娘のことなんですが

最近は言葉の発達が著しく、

スポンジのような吸収力とはこのこと!

ほんと人間ってすごいなあ、猿じゃないなあ… と関心しています。




子供図鑑の絵を見て

ほとんどのものの名前を言えるし、

それを普段の生活の中で見つけるとすぐに口に出せる。


物忘れのひどくなった私達親世代には

羨ましい限り。


文法の知識や理屈なしに

音だけで言葉を覚えていくってこういうことなんだなー


ってつくづく思います。




よく聞かれるのは

娘さんに何語で話してるのー?って質問。



結論から言うと、

ジーノは100%日本語で話しています。




出産前の某子育て講座で

父親と母親の母国語が異なる場合、

それぞれが母国語オンリーで子供と接したほうが良いらしい研究結果がある

との話を聞いていたので

娘には生まれてから日本語のみで接してきています。


もちろん夫の方は100%フランス語で。



なので娘は自然とバイリンガルです。



ただ……

日本語はほぼ私からしか聞かず、

夫と私の間の会話はフランス語、

そして託児所はフランス語なので

娘の返事はフランス語。


ジーノが日本語で話しても

娘はそれを理解し、フランス語で答えるという

2カ国語の変な会話でコミュニケーションが成り立っています。


面白いことに

数えるくらいしかないですが

日本語でしか言わない単語もあるんです。

「耳」「おっぱい」「おでこ」「みんな」「牛乳」…

これらはフランス語でも理解はしていますが

口から出るときはなぜか日本語。

もう少ししたらこれも変わっていくのかな…と、

起きるたびに確実にお利口さんになっていき、

たどたどしかった発音もだんだんはっきりしてきた娘の成長…

ちょっと寂しいような気もする今日この頃。




それを踏まえて

やっぱり英語はできたほうが(今から慣れさせておいたほうが)いいだろうということで


今年から夫婦であるトリリンガル教育な試みを実施しています。



それは

日曜日は英語で話す日、

と決めたのです。

当初は木曜日だったけど、平日だと忙しく曜日の感覚がなくなり三日坊主…どころか一日坊主で二週間もスルーしてしまったため、娘と接する時間も長い週末に変更(笑)



とは言っても

私も英語が母国語ではないし、

うちの夫も英語が上手とは言えないので

どれだけ効果があるかはわかりませんが。



娘はまだ小さく「何語」っていう区切りで理解していない様子。

ただ、

ママとパパが(You Tubeで見たセサ○ストリートの)エルモみたいにしゃべる!

って言われて(笑)驚きました。


先週日曜は夫と英語で結構真剣な話を長々していたので

いつもはおしゃべりな娘がしょんぼりしてたのを見かけたし。

なんかいろいろ気づき始めている時期なんだろうなあ。




ジーノの経験からすると

言語力のレベルは継続で、約3ヶ月毎の目安で何らかの変化があると思っています。



20年前、高校卒業したてでまだ英語力が低い状態で9月からカナダに行き、

大学の授業も半分わかったような分からないような状態で、

宿題が出たことは理解してもなんの宿題か分からず

クラスメートや先生に毎回確認しなきゃいけなかった留学時代のはじまり3ヶ月。


その冬、

トロントの友達のところへ遊びに行ったのだけど…

そこで出会った日本人の学生で冬から語学学校スタートしたばかりの奴らがいて

彼らの英語を聞いた時、

奴ら全然わかってないじゃん?って思い、

気づかないうちに自分の英語が成長していたのを実感したものです。





それからさらに3ヶ月後には

宿題がわからない、ということはなくなりましたし

リスニングがかなり伸びたなあとまわりと比べなくても自分でわかるように。

更に3ヶ月後、

今度はスピーキングスキルがぐんぐん伸びていきました。



自信をなくしまくっていた時期もあったけど、

やっぱり言語って、

積み重ねでインプット&アウトプット(入力&出力)の繰り返しにて身に着いていくものなんだなあと思います。



その計算だと

娘の日本語は

アウトプットさせないと成長していかないってこと…

なかなか今の生活では日本語を話す友達を作るのは困難。

今後の悩みとなりそうですが

今できる事は娘へのインプットを絶やさないこと。




そんな私も

やっぱり英語もフランス語も

基本は教科書で学び、

書いて覚えてきた環境世代なので

自分がどんな勉強方法が合ってるか、

なんて考えなかった過去。



娘の環境のように音で学ぶ方法ってのを試したことがありません。



そこで、今年に入って自分の言語力のために実践していることがもう一つ



去年から勤務先にスペイン語を話す同僚がなぜか増えたので

前々から興味のあったスペイン語を

今までとはちょっと違った学び方をしてみようと思ったのです。


仲良くなったメキシカンの同僚はこの案にすごく乗り気になってくれたのもあって。



紙に書くとか

動詞の活用法とか暗記するとか一切なく、

勤務時の15分休憩で

よく使うちょっとしたフレーズだけカジュアルに聞いて耳で覚える、

というもの。



なにせアラフォーですからね…多少無理はありますよ(笑)

覚えておけない脳みそになってきてはいますが、

毎日の積み重ねとリピートリピートで

馬鹿でも覚える仕組みを作り出し、

頑張ろうと思っています。



テストもプレッシャーもゴールもないので

気楽なものですよ〜。


フランス語にも似ているので

なんとなく語尾を変えるとスペイン語になってしまう場合も多々あり、

思った以上に通じちゃうのも面白い!


今のところ

テーマはなく思いつきで「これってなんていうの?」

という風に教えてもらっているので、

年始からの体調不良に関するフレーズや

悪い言葉ばっかり覚えてますが…(笑)



とっても楽しいし、

やっぱりラテンの人たちは素直で明るく、

ワイワイガヤガヤの休憩時間です。

自分の言語に対するパッションが

10代の頃からずっと続いていることにも気付かされるひとときであります....






  
 トークモアは人気上昇中の日本人講師メインオンライン英会話サイト!ワンレッスン300円~始められます!
 生徒さんのニーズに合わせた大好評ジーノレッスンはポイント 1コマ★750円★でレッスン中!詳しい講師プロフィールこちら
【只今育児奮闘中でレッスンお休みしてます】
テーマ: 子育て・育児 | ジャンル: ライフ

【120】風邪引いたら…やっぱ、おかゆだろぅが~!!


どーも、明けましてー!

ご挨拶遅くなりました…

もう旧正月さえ過ぎちゃいました。 新年快乐!


こちらは例のごとくマイナス20度以下の日が続いております。

winterscene-2019-01


実はジーノ2019年の幕開け、

散々な体調不良で参っています。

そしてまだ微妙に現在進行形



winterscene-2019-02
我が家のテラスも雪が積もってこんなになってしまいました。

winterscene-2019-03
比較的暖かい日に(といってもマイナス13℃)娘と雪だるまを作りましたが雪がサラサラなので丸くできずおにぎり型に。


年末年始の悪運については後日またネタにしたいところですが、

今回は先週から引いている風邪について

夫と文化と育ちが違いすぎてしばしば驚いている件について。



風邪引いたらやっぱ日本人は

おかゆが食べたい



消化のいいものを食べて

ネギを首に巻くとか?

みかんで水分とビタミンCを取るとか




フランス人である夫…こんな時どうするかって聞いたらびっくりです。



コーラを飲むそうです。(笑)

糖分が半端ないから健康に悪い!って世間からも要注意なコーラですよ?

しかもアンチ=アメリカなフランス人の夫がですよ?


でも

フランス人じゃない人に聞いても結構コーラ飲む人ザラにいる!!

私にはそんな発想がなく、

えー?!コ、コ、コーラ?と思ってしまった。



そんでもってチョコレートを食べる!


っていうより、

基本的に自分の好きなものを食べるのが風邪引いたときの食事だそう。

自分を甘やかす、ってことか?!(笑)


一度夫がひどい風邪を引いて寝込んだときに

ニンニクとはちみつたっぷりの活力ジュースを作って飲ませたら

「体調が悪いって時にこんな最悪なもの飲ませるなんてどうにかしてるよ!」

と怒られたことがあったっけ(笑)

でもそのおかげなのか次の日嘘のように回復したじゃんよ(笑)


それを認めているのか否か、

飲みきれなかったジュースの残りが

その後何ヶ月か冷凍庫の奥で密かに出番を待っていたのである…




次にお風呂。

日本人である私は風邪引いたらお風呂は入らないほうがいいと教わったし、

熱があるときは絶対入らないのが基本だと認識している。


夫は…逆!

熱があるときは冷たいお風呂に入るべし!

だそうな。

熱を冷ます…ってことらしい!

え、これ修行にしか聞こえないんだけど!(笑)

何これ?肌質の違い?(笑)




次に体温計。

うちの家族は脇の下で測るタイプの体温計だった。

まあ口で測るタイプもあるのは知ってるけど。

フランス人は

基本「お尻」で測るタイプらしいですよ。

ちゃんとした体温が測れるんだとか。


まあそこはわかるけど、

調子悪い人のお尻にブスッってやるのはどうも想像しにくいし…

第一、夫が風邪で体温計私が刺すんかい?

本人自分でやるんかい?の疑問。



そんでもって衛生的な疑問がまずあると思うので

「じゃああなたの家族は一人一本自分専用の体温計があるんだよね?」

と聞いたら、

はい、さすが!

「家族に一本しかないよ。」

えー?

あの忘れっぽいあなたの家族は一本しかない体温計を共有してんだー!

拭き忘れたりしてねーか?

アルコール消毒とかちゃんとしてますかー?


これ聞いただけで病状が悪化しそう。

これはどうしても譲れないので

今、ジーノうちには脇で測るタイプ3本、

お尻のタイプ2本、

と家族の人数より多い体温計数を常備。


今のところ娘しか使ってないけれども

お尻のタイプでやりたきゃ夫にやらせてます。

もちろん使用後の衛生管理に目を光らせて!



それから…

鼻水が出たら…
夫は何が何でも即、 かむ!

私達日本人は

結構鼻水ズルズルしててもかめる状況にいない場合

どうにか乗り切ろうとする傾向にある気がする。


でもカナダでもヨーロッパでも

ズルズルすすっている方が失礼なんだとか。

鼻水出たら即かんでくれ、

とみんな思うらしい。


それはいいんだけど…

フランス人ってティッシュを2度、3度と使うのがどうも嫌。

かんだやつをポケットに入れて保管していたり、

手の袖のところに隠し持っている。

もちろん昨日使ったやつとか

いつ使ったやつかわからない場合もあるし、

忘れていて洗濯してしまうリスクも…!

エレガントでゴージャスな?イメージばかり取りだたされるフランス人の日常はこんなんですよ、騙されないで!(笑)




最後に…

これは文化の違いではないけど、

言わせてもらいたいことがある!

「男の風邪」

ってわかりますか?

英語でも「man's flu」って言われてるんだけど

うちの夫も例外なくこれですわ。


つまり

男の人は大したことない風邪気味だってだけで

大げさ!

もう死ぬーーーーーー!って勢いで

落ち込むし、

何もできない(しない)状態になる。

mansflu-01
(注)映像の男性はは本人と無関係、単なるイメージです


女の人が同じ風邪引いてる時より

オーバーリアクションで本当に困る!

風邪引いてても

トイレットペーパーの芯くらい変えられるっしょ!!と。

mansflu-02
(注)映像の男性はは本人と無関係、単なるイメージです

私が頭痛い!って生理痛だ!とかのときは

ふ〜ん、くらいに聞いてるくせに

自分の風邪のことだと何から何まで構って欲しい風。


今回も夫が風邪引いた時、

ラッパーみたいにフード被って、

普段素足のくせにいつもは馬鹿にしてるモコモコの靴下まで持ち出して、

小股でベッドとトイレを往復するだけで過ごしていやがった週末。

そこまでじゃねえだろーとツッコミたくて仕方なかった…


普段から「ちょっと無理してでも頑張る、踏ん張る、我慢する」

ってのが身についている日本人にとって

「できれば楽しよう(=頑張る意味がわからない)」

って考えが優先される欧米人の違いもあり、

体調不良のときはそれがいつもより浮き彫りになって

男ならなおさらです。

普段もアンニュイなかんじの夫、

風邪ひいたら男の風邪・・・

じゃあ一体いつ活動的になるのであろうか。

たぶん、自分の趣味(?)のカメラを触ってそれ関係の部品をア〇ゾンで見つけて

購入ボタンを押すときが一番アクティブ(笑)

ガキだ、ガキ!

そんな夫も含め、今年もどうかよろしくお願いいたします!





  
 トークモアは人気上昇中の日本人講師メインオンライン英会話サイト!ワンレッスン300円~始められます!
 生徒さんのニーズに合わせた大好評ジーノレッスンはポイント 1コマ★750円★でレッスン中!詳しい講師プロフィールこちら
【只今育児奮闘中でレッスンお休みしてます】
テーマ: 気付いたこと | ジャンル: ライフ

【119】 年をとる、年を越す



もう40手前となり子育てなんかしていると

やっぱり心身ともに疲れ切っている毎日。



朝からコーヒーという名の泥水を体内に注ぎ込み

秒刻みで右へ左へ。

仕事も感謝祭(サンクスギビング)、クリスマス前の繁忙期とあり

とにかく忙しく右往左往。


帰宅前には超特急の買い出し。

レジの人が遅いことに腹が立っているのを悟られぬよう

サッカー(商品袋詰め担当者)の男より早くサッカーをこなし、

バスをギリギリ逃さなかったときの

小さな幸せのことを誰にも話せない寂しさがあったり。


家のドアを開け、手を洗ってすぐに台所に立ち

あっという間に就寝まで時が経つ・・・



高校生の頃は一晩寝れば元気になったのに

もうそんな日は遠の昔。


尋常ではない疲れや痛みが体の奥に沈殿して

今にも悲鳴を上げそうなのを

気合で抑えて毎日を送っている感じです。




自分が

歳をとった

と感じるのはそれ以外にも多々あり、

特に今年は自分の親世代が亡くなったり

留学時代のホストファーザーが亡くなったり

身近な人の「死」を感じたこと。


今まで話をしていたりメールや手紙で連絡をとっていたりしていた人が

急にいないんです。

死ってそういうものなんだろうけど…

いつかみんな死ぬんだなあと当たり前ながら

改めて思い知らされている。


事故や病気じゃない限り80くらいまで生きるとして

40って半分。




それに

仕事場でかかってる音楽が

「超懐メロ」だって言って

同僚が面白おかしく熱唱しているではないか…!



って、

それがブリトニー・スピアーズ?!

バックストリートボーイズだって?!

BSPBSB




それもそのはず…

同僚の多くは20代

ブリトニーがヒットした頃産まれたとか言う世代。




先日映画好きの同僚と

好きな映画は何?って話で盛り上がったんだけど…

私の好きな映画は80〜90年代のが多くて

彼はまだ生まれてないことに気づき

単純に盛り上がれなかった自分がいた(笑)




MEClub02


ファッション業界なだけに

最近の流行りの格好をしてる子もいるけど

流行りは巡るから70~80年代風の着こなし。

ハイウェストなジーンズに

寸足らずの足元、

ジョン・レノンみたいな丸い金縁眼鏡に

どデカいイヤフォンから聞こえる

よくわからないガチャガチャヒップホップ。

で、タックインのシャツだって?

ツートンカラーのダウンジャケットだって?!

私にはどうしてもバランスよくないように見えるし、

古めかしい匂いが否めない感じのファッション。

MEClub01
うちの社の今年秋冬一押しレディースジーンズ




まあレギンスをスパッツって呼んだり

デニムをジーンズ、ジーパンって呼んだりで

なじるられことは言語上ないまでも…

インターネットなんてなかった時代の私のこんな気持ち…

わかるのは同年代の同僚だけだろうな(笑)

街で見かけたファッション(まだ奇抜な類ではない)
モントリオールはカナダでもかなりファッション性が高い街

fashionMTL01
リュックにライオン?
fashionMTL02
アタリ??(笑)
fashionMTL03
どんなに荷物が多くてもどでかいヘッドフォンは欠かせないアイテムらしいこの頃の若い世代・・・



こうして異国でジェネレーションギャップを感じている年の瀬であります







  
 トークモアは人気上昇中の日本人講師メインオンライン英会話サイト!ワンレッスン300円~始められます!
 生徒さんのニーズに合わせた大好評ジーノレッスンはポイント 1コマ★750円★でレッスン中!詳しい講師プロフィールこちら
【只今育児奮闘中でレッスンお休みしてます】
テーマ: ひとりごと | ジャンル: ライフ

【118】 同僚のランチも異文化混在


snow2018-00


長い冬が始まっちゃいました、モントリオールです。

どうせ長いならやっぱり楽しむべき季節でもあります。

busstopsmily
誰が書いたのか…バス停のスマイリー





今日はずっと書きたかった

会社の同僚のランチの話題。



世界所変わればなんとやらで

日本のそれとはやっぱり違います。



結果から言うと…

チン!でお手軽メニューといえど、

色とりどりに詰め込まれたいわゆる日本のお弁当、はほぼ目にしません

手作り弁当なるものはだいたい一品か二品くらいをタッパに入れたもの



日本のように格安で手に入るようなコンビニ弁当みたいなものもないので

お昼は軽く済ませる人がほとんど。



でも逆に

ランチ、30分しかないのに

強行でレストランへどうしても…

と繰り出す邪道な人もいます。

いやあどこをどう計算しても30分じゃ行って食べて帰ってこれないよ…なんですが。

この辺もゆるいのでなんとかなっちゃうところがカナダ。





会社のキッチンでカップラーメンなんて作ったら

匂いが充満して迷惑…なんて考えるコトもなく

堂々とカップラーメンにお湯注いでる人
もいるし、

何もつけてない食パンかじってた人もいたなあ…(笑)

他には

冷凍ピザをチンして食べてる人、

近くのカフェで買ってきた同じ肉パンを毎日飽きずにランチにする人も。



最近は新人さんが多く、若い子も多いんですが 

実家から通っているような人はいないので

日本ではよくあるいい年こいてお母さん手製の弁当

なんて人もいません。



パンにハムとチーズを挟んでサンドイッチ作って

丸かじりりんごにミニジュース、おやつにグラノラバーとかがいわゆる主流。



しかし一言では主流…なんて言い切れず

色んな国のバックグラウンドを持つ人が勤務しているので

持ってくるお弁当もほーんとに多種多様。

それでは同僚のランチ、個別に覗いてみましょう。


映像取らせてもらうのはちょっと気が引けたので…映像なしですが。



ダクサさん(インド系40代)
さすがカレー系のメニューが多い。肉は基本チキンしか食べないので野菜中心の手作りお弁当。毎晩作るっていう手作りナン(チャパティ)も美味しそう。


デイビッド君(白人系カナダ人20代)
この人はいつも不健康極まりない冷凍食品のパスタをチン。仕事もこれ以外持ってこない超ミニマリスト。食に興味はなさそうな感じ。


アン君(ベトナム系カナダ人20代)
1週間分ものすごい量のヌードルを巨大なタッパに入れて月曜に持ってきて会社で毎日スープだけ作り、豪快に食べるヌードルラヴァー。いつか日本の北から南へラーメン食べ歩き旅に行くのが夢。


ハンサ君(中国系40代)
会社で毎日4~5食食べる大食い男。朝は開始前に卵掛けチーズ掛けラーメンを平らげ、10時の休憩にピーナッツバターをたっぷり塗ったマフィンを食べ、お昼は家から持ってきた野菜と豆腐の中華料理。家の人彼以外ベジタリアン志向なので、彼は肉を口にしたくてウズウズしている。週末に(家族に内緒で)食べ放題レストランに行くのを月曜日から楽しみにしている。

アンジェラさん(カリブ海系60代)
カリブのビッグママ料理。ライスにジャークポーク、煮込み豆料理など手の混んだランチばかり。この人のランチが一番美味しそう。週に一回大量に料理した作り置きなんだとか。

アントニオ君(メキシコ系30代)
常にお国柄トルティーヤを食べている。妻と離婚しちゃってからは買ってきたトルティーヤになってなんだか少々不憫。スポーツトレーナーの別名を持つ彼だから健康には人一倍気を配っているはずが最近は「ダイエット、今日はお休み!」って言い訳して食べまくっている日が多い…

ジョスラン君(白人系カナダ人40代)
大概同じメニュー3種類が巡回している。自分で作った!って自慢してくるけど… 冷凍物をご飯の上においたダケだったり、パスタをお湯に入れて缶のソースかけただけじゃん!っていつもみんなにいじられるキャラ。

ニコールさん(タイ系カナダ人30代)
常にお腹が空いている。常に食べている。なのに太らない体質で羨ましい。彼女のランチはヌードルかライスかイチから自分で作ってきたものが多い。とにかく女性でもかなりの大食い。

ニスリンさん(アラブ系30代)
アラブ系のスパイスがきいた手の混んだ料理が多い。家にいるときは常に料理しているそう。デーツというナツメヤシの実をおやつに添える。


カリンさん(白人系カナダ人20代)
この人のランチほど食べる気がしないものはない。コーラ、ポテトチップス、安いパンに冷凍ソーセージを挟んだだけという不健康そのもの。料理はしないし野菜もフルーツも基本食べない。家の教育だと思うんだけど…てのは以前一緒に働いていた彼女のお母さんのランチも同じようなジャンクフード系だった。食生活のせいか肌は荒れ、顔色も悪くとうてい20代には見えない…(余談)


ディアナさん(東ヨーロッパロシア系30代)
東ヨーロッパの人は基本じゃがいもとポーク。美味しそうだけど、毎日飽きないのかな?と心配になる。

ローラン君(白人系カナダ人)
スポーティーな彼は健康的な食事を表向きは心得ているため、ハチャメチャなものは食べないものの、やり方が大胆。超ビッグサイズのシリアルを箱ごと持って来て牛乳ぶっかけて食べるとか、何度かその場でタコス作ってたことがあった(笑)それも、レタスやトマトを洗って切るところから。キッチンは彼のクッキングスタジオ化していて面白かった。

worklunch-03
ローラン君がタコスクッキングスタジオを繰り広げてるところ・・・



かくいうジーノはというと、

大概は昨日の夕食と同じものを仕切りのないタッパに詰めたものとフルーツ一品、そしてお茶。

朝は娘の朝の食事と支度でかなりバタバタなので

冷蔵庫から出してすぐ持っていける状態になっている。

ちなみに日本の給食やお弁当で育ったからか、冷たいまま食べるのが好み。

レンジでチン!にあまり必要性を感じず。

たまにみんなに「温めないの?」と不思議がられるが…

やっぱり生まれや育ちがこの辺関係してるんだろうなあと思ったり。




ちなみに夕食などの残り物、食べきれなかったもののことを英語で

"left-over"

といいます。

ちょっとそのへんでランチ買ってこよう!とか、さあランチ食べよう!っていう表現は

"Let's grab lunch!"

動詞のgrab、「つかむ」を使うとhave lunch, eat lunch よりちょっと軽くすばやく食べるというニュアンスが出ますよ!




ちなみに最近の流行りもあって

ベジタリアン(菜食主義者)ならぬ「ビーガン」(vegan、植物性食品しか食べない主義の人)って思考の若い子がたくさんいて、

ファッション業界だけあって流行にとっつきやすい人も多く、

うちの部署以外の部署の同僚のほとんどはビーガン。

体にはいいことなんだろうけど…

ちょっと付き合いづらい肉食寄り?のジーノです。



また、

月曜日は毎週バスケット一杯のフルーツ、パン、ベーグル、ミルクなど会社の予算で朝食フリーフードがあります。



忙しい時期などは

ボスがみんなにお弁当注文してくれたりも。

worklunch-02


worklunch-01
ボスのおごりでチキン定食をデリバリーしてほおばる同僚

たまにポットラックと言って同僚それぞれが持ち寄りでみんなとシェアしてランチする日も。



やっぱり食べ物を一緒に食べるとワイワイガヤガヤ仲良くなり

勤務中とはいえど楽しいひと時。



カナダには便利なお弁当グッズとかも皆無だし、

食に対して日本ほど健康志向な大きな動きはなく

食に関する知識や意識は個人差が本当にすごく大きい。



口にするものだからすっごくこだわって、

有機野菜とかしか食べないとか

お金をかけてローカルものにこだわっている人がいるかと思えば、

安いジャンクフードを食べまくっている人も多い。



かと言ってそれぞれが

人目を気にして食べることもないので


ランチの中を覗くと

その人の生活や金銭感覚がそのまま浮き彫りになるのであります。




  
 トークモアは人気上昇中の日本人講師メインオンライン英会話サイト!ワンレッスン300円~始められます!
 生徒さんのニーズに合わせた大好評ジーノレッスンはポイント 1コマ★750円★でレッスン中!詳しい講師プロフィールこちら
【只今育児奮闘中でレッスンお休みしてます】
テーマ: 食品・食べ物・食生活 | ジャンル: ライフ