メープルランドの日常

~愉快でユーモラスなバイリンガル都市生活ブログ~

【79】猫好きのセルフィー美女


今週は気温がグイッと下がり、

マイナス18度・・・

冷蔵庫さえ外で凍っていたり(笑)

frigooutsid




それでも汗かきのジーノの

ダウンジャケットの中は

ムレムレで汗ばんでいるのです。(笑)



重ね着で着こんでしまって

逆に、

暑い




そんな中

元気でお茶目なカナダ人・・・・

さすがです。


一輪車で通勤している人を発見(笑)

ichirinsha



元気やなあ~(笑)


vacationcar

皮肉にも常夏系バケーションの宣伝してる車が凍結していました(笑)



さて、

先日写真屋さんにデジカメの現像をお願いしに行きました。


と言っても

今の時代は

通常プリントなら

みんな店頭の機械で

勝手にやってくれ、

という感じですね。



この

「勝手にやってくれ」

っていうのは

便利ですし、

人と話さなくても

スムーズにいけば

事が済んでしまうわけですよ。

だからであると・・・・

取るかとらないかは

個人によると思います。



なぜなら

あまりに

機械に頼りすぎて

オートマティック過ぎて

「システム上そうなっている」

と言われかねないのです。




というのは、

機械で勝手に注文したら

自然に店からの「できましたよ」コールを待つことになりますが、

機械から写真ラボに送られたかは

誰も確認してないし、

そこで何かのトラブルがあっても客は知る由もないのですよ。



だいたい何日後にコールします

という日数の目安も曖昧ですし。



そして店の人が電話し忘れた、

というのもかなり頻繁にあることなので

自分がしっかりしている必要があります。



ジーノはそれでも11日間もこの「できましたよコール」を

待っていました。



今日、しびれを切らして

お店に電話したんですけど、

「注文は受けていません」

と言うではないか。



でもジーノの手元に控えはあるし

まったくもう、

どうなってるんだよ、

便利なようで便利でも何でもないじゃないか。



結局

「ラボに直接電話を転送します」

と言われ、

電話がつながるとまた一から説明しなおすのは

客の私です。



で、

ラボの人は

「写真は現像されて店頭にあることになっています」

というではないか。

いやいや注文受けてないって言われたんだけど・・・(`o´)


いったい誰を信じていいのやら。


「マダム、結局何が知りたいのか?」

とあっちにキレられる始末。


日本ではないのでね、

お客様様じゃないのは重々承知ですがね、

こっちはやることやってレシートもある身なのに、

電話もかけてきてないのはお前らのせいじゃないのかいな!!!!!


と言いたいところ。



マジ、便利でも何でもない



機械でなく、

店頭で受付してくれたら

いろんなプロセスを疑わずに済むところを

責任転換だぜ、

と思うのでした。




結局電話口の人も

パソコン上の私の電話番号によるシステム上の情報を見ているだけで話をしているものだから、

実際に現像が終わっているのか、

ただそう入力してあるだけで

人間の誰かが入力ミスしたという可能性もなくない以上、

実際の現像済み写真の束を

見て話をしているわけではない。



ジーノは昭和の人間なので

どちらかというと、

人と確認して話したい派です。


なので最後は、

「とりあえず店にまた出向きますよ、んじゃもう」

とこちらの手間が増えただけ。

きっとこのいきさつを

店頭レジで伝えたところで

モノがあればそれまで。

モノがなければこちらの手間がさらに増えるのみです。

それを謝る店員も皆無だし、

何しろレジの人はレジだけやってるだけなので

「私の責任じゃないわ」顔なんだろうし。




こないだも

注文した中に、

なぜか他人の注文したワンショット

おまけで入っていましたし(笑)

photoshop01


仕事が適当だなぁ・・・

ほんとマジで。


こんなことにいちいち腹を立てていても

海外では時間の無駄ですので

いろいろな怒りをあきらめますが。

日本じゃこんな失態、

店長が出てきて

現像代タダにしますよ

といって客の顔色をうかがうところですけどね~ぇ。



それにしてもこの猫好きのセルフィー美女・・・

きっと市内のどこかに住んでいる人なんだろうけど・・・

どこの誰かは知る由もない・・・(´∀`*;)ゞ





  
 トークモアは人気上昇中の日本人講師メインオンライン英会話サイト!ワンレッスン300円~始められます!
 生徒さんのニーズに合わせた大好評ジーノレッスンはポイント 1コマ★750円★でレッスン中!詳しい講師プロフィールこちら
【只今出産後でちょっとの間レッスンお休み中です!復帰するまでもうしばらくお待ちください・・・】
スポンサーサイト
テーマ: 日々のできごと | ジャンル: ライフ

【78】街角デンジャーレベル


大雪が降ったりして

アパートに上る階段が何度雪かきをしても

数時間でこんなになってしまうモントリオールです。

stairs01
近所の人の階段


さて、そんなモントリオールは

最近気温が高い日と低い日を繰り返し、

積もった雪がとけ、非常に滑りやすく

抱っこ紐で我が子を抱え

ちょっと買いすぎてしまった夕食の買出しなんかで

両手がふさがっていると

まさに命がけでの外出なんですが

この街では気候による足元の危険(デンジャー)に加えて

頭上もかなりの注意が必要です。




先日は某シアターの看板を取り換える作業をしている業者がいました。

danger01


日本ならちゃんとレッドコーンで仕切って

警備員が二人くらいがっちり通行人を誘導しつつの仕事になるべきところです



もし何かあったら大変ですからね~

落下物はもちろん

砂埃など目に入った!なんて訴えてくる人がいれば

それはそれは大変な責任問題になりうるでしょう。



しかし~

カナダではかなりその辺ゆるい

てか考えてないんだろうな、

先を見越したデンジャーなんて

自己責任の域が広いのかもしれませんが・・・



それでも

こんな大掛かりな作業なら何らかのindicationお願いしたいところ・・・



ですが、このシアターの前はもれなく

作業の真下を平気で通れるようになってますよ~

危なくってひやひや



上の作業に気づいたからよけたものの、

我が子の頭を気休めでも手で覆い、

足早に通り過ぎたのは私くらいなもの。



この状況で

空から死の可能性が降ってくるのを気にしてる人は皆無でした。


思い出しただけで怖いわ。足すくむわ。




うろ覚えですが、

5年位前でしょうか

モントリオールでビル建設か何かの平たい鉄板が落下、

下を通っていて通行人のお兄ちゃんを

ぐっしゃっとつぶしてしまった死亡事故があったというニュースがあったと思います。



当時は

どうして下を通ったんだよ?って日本にいた私は疑問に思っていましたが、

ここに住んでみてわかります。


下を通れるようにしてあるから通るんだと・・・・




ちょっとした道路工事でも大きな穴を開けてるのに

なんの柵もしてないし

フツーに落ちますよ、これ・・・・っていうのがたくさんあります。

デンジャーテープを張ってくれたりしてありますが、

かなり適当なのでね・・・

デンジャーテープ自体がデンジャーになってるケースも!!

danger02


てか、作業が終わったのなら

デンジャーテープちゃんと片付けて行ってくださいよ。

どれがデンジャーでどれがデンジャーじゃないかがデンジャー!!
クイズかよ?(笑)


危ないんで、ほんとやめてください!って感じです。



オモシロいローカルお土産【この道通行止め】の工事中看板だったりするほど

工事が多くてジョークにされているモントリオール。

ruebarree


観光の際も

是非

頭上、

足元、

すれ違う人

右からも左からも

斜めからも

来たるデンジャーにお気をつけください。






  
 トークモアは人気上昇中の日本人講師メインオンライン英会話サイト!ワンレッスン300円~始められます!
 生徒さんのニーズに合わせた大好評ジーノレッスンはポイント 1コマ★750円★でレッスン中!詳しい講師プロフィールこちら
【只今出産後でちょっとの間レッスンお休み中です!復帰するまでもうしばらくお待ちください・・・】
テーマ: 暮らし・生活 | ジャンル: ライフ

【77】こんなところに、こんなものがシリーズ①②


夜の寝かしつけがうまくなったのはいいけど、

自分も一緒にソファーで寝込んでしまい

背中とおしりに

夜な夜な人知れぬ激痛が走る、

ジーノです


それにしても我が子、

大人並みの睡眠時間で夜寝てくれるので助かっております

そのおかげで逆に

長時間吸われない母乳が張って

今度は朝からその種の激痛で起きることになる母であることは

知る由もないんでしょうね、娘よ


そんなわけで、

あとは日中のパターンをクリアすればトークモア復帰も近いかも!と一人意気込む私ですが




さて、

今回のブログネタは・・・

以前からためていたものを

是非シリーズ化したいもの。


こんなところにこんなものシリーズ


日本はかなりきれい・衛生的な国なので

道に何か落ちている

ってあることはあってもけっこう珍しいと思うんです。


カナダでは・・・

っていうかモントリオールの街中は

まあ~~やばいくらいものが落ちています。


でも

タバコの吸い殻とか

雪道に誰かの手袋とか・・・

まあ「落としたんだな」と意味が分かるものはいいんです。



でもたまに・・・

いや結構頻繁に?

「え、なんでそこに、これが?」(;゜0゜)

っていう奇怪なものが落ちていて思わず吹き出し笑いをすることがよくあります。


それをこれからたまに紹介していきたいと思います。





今日は街角と地下鉄の駅から2点。

 
こんなところに、こんなものがシリーズ① 【雪道に、クロワッサン】
why-here-01

まあ普通に考えれば、買ってきて家に帰る途中に落としたんでしょうけど・・・

雪の上ならまだ3秒ルールが利くはず?とか・・・

いやその前に、

この寒さだとせっかくの出来立てほかほかクロワッサンが凍った可能性も否めない(笑)

ていうかこんなにきれいに落ちてたら、

鳩が食べてしまいそうなもの・・・でもきっとカチコチになっててタイミングによっては鳩も食えずなのかとか・・・

妄想力を掻き立てるいい材料であります




こんなところに、こんなものがシリーズ② 【物乞いのそばに、みかん】
 why-here-02



柱のとこに座っている(画面右側)物乞いさんは「今夜食べるものがないからコインをくれ~」と訴えています。

まあ大概、嘘であることも多いですけど。
(残念ながらヤバいクスリを買うとかお酒のお金にしてしまう人も多いので)

そんな彼の傍に、皮肉にも新鮮な見栄えのみかんがポツリ。

心優しき誰かがそ~っとおいていってくれたのか(それにしちゃあちょっと遠い位置・・・)、

はたまた関係ない偶然か?

ただ落としただけなのか・・・

にしても位置的にちゃんと置いた感があるのがまた謎を深めるのです。

お腹がすいているなら少なくともそのみかんをお食べ・・・(笑)


答えが出るわけではないこんな日々見かけるアイテム達に、

なぜだか愛着が沸いてしまうジーノです・・・・




  
 トークモアは人気上昇中の日本人講師メインオンライン英会話サイト!ワンレッスン300円~始められます!
 生徒さんのニーズに合わせた大好評ジーノレッスンはポイント 1コマ★750円★でレッスン中!詳しい講師プロフィールこちら
【只今出産後でちょっとの間レッスンお休み中です!復帰するまでもうしばらくお待ちください・・・】
テーマ: 日々のできごと | ジャンル: ライフ

【73】つぎはぎの人生観?




いよいよ極寒の冬がやって来たということで、

毎日外出する前におそるおそる外の気温をチェックしている今日この頃。

snow01



まだ12月だというのに

2月並みに気温が低い日もあり、

風が吹こうものなら

体感温度はそれ以下なので覚悟して外出するわけです。


snow02




しかしやっぱり雪景色というのはきれいで

個人的には雪の上を歩くのも嫌いじゃありません


あのサクサクした音が大好きだったりします。


それに今はクリスマス前ということもあり、

町中に活気があり、

スーパーの肉の表示
にさえ

「Joyeux Noël」
(仏語でメリークリスマス)と

書いてしまうカナダ人のお茶目な精神

ちょっと笑顔になる季節でもあります(^-^)/

noel01



さてさて今日のお題は

カナダ人の「つぎはぎの人生観」について!


街中で見かけた

ケベック人、カナダ人の

生きる力、

何がかんでも自分の都合よく生きたいと思う欲


を示すものを紹介したいと思います。



まず、

日本は基本的に「物」であふれ、

しかも少し古くなると買い替えるなど新しいものであふれかえっています。

まだ使えるのに新しい方が出るとそちらに飛びつく・・・など

とにかくmaterialistic(物質主義の)な国なのをご存知でしょうか?

それだけ

商売がうまいというか、

買わせるほうも目新しいものをどんどん提供する力があるんですけど、

買うほうもそれだけお金があるんです。

ないない言いつつ

あるんです。

だから買えるんです。



次に、

英語に

「雑貨」という言葉に値する単語がないのを

ご存知でしょうか?

そもそも雑貨って、

生きるためには別に必要ないけど、

あったらちょっと嬉しいとか、

ちょっと便利~

ってグッズのことです。

なくても死にはしませんし、困らない。

でも日本人は結構好きですよね、

この雑貨。

雑貨屋さんってお店もあるくらいですから。


こちらの人は

本当にお金に余裕がある人は別として、

とにかく生きるために必要なものをそろえるだけで結構

必死


なので、

見た目には「自己中」に見えたり、

恥の文化を持つ日本人からすれば

ちょっと「世間体的に恥ずかしい」と映るかもしれません。


こちらの人は

他人がどう思うか、

自分がどう思われようが

基本気にしません
ので・・・

日本人の目からしたら、

とっても面白く、

時に滑稽で

実に大胆、

そしてそして

危なっかしい?!のです。



例えば、

近所にあった街頭ランプ。

survivalspirit01


半分青くなっているのがわかりますか?

これは、

自分のアパートの窓から

街灯の明かりが入ってまぶしいので、

窓のほうだけスプレーでシューとやった結果です(笑)

寝室があるんですかね~ぇ?(笑)

まぶしくて眠れないぞ、ということで、

街灯、つまり市の所有物であるはずの

公共物でさえ

お構いなしに色をつけちゃったみたいです(;゜0゜)

日本なら本当に明かりがまぶしくて寝れない場合、

自分で厚手のカーテンを買う、

もしくは

役所に苦情を申し立てて~など

段階を踏んで自分の欲求を通そうとするでしょうね。

この明かり問題が、

まさかスプレー1本あったら20秒で解決するとは

たいがい考えないかも・・・(笑)




それからこちら・・・

survivalspirit02


自転車の泥よけが取れちゃったら、

買いに行く・・??・いや、

自分で作る!!

それが小学生の工作以下の出来栄えでも気にしない

クッキーの入れ物のプラスティックを使って

かなりチープに作りあげています。

ブラボーというべきか・・・?

他人がどう思おうが、

その場限りの、

その日暮らしの

一時的なものでもいい

とにかくその場の自分の欲、欲求が満たされさえすれれば

それでいいのだ~

ってなわけです。

なにも難しく考えなくても

その場限りでも

つぎはぎでもいいんです、

都合のいいように生きるに越したことはないのです!

誰か何か言ってくる奴がいたら

それはそれでその時だ、

ってなわけです。

このパワーというか

図々しさは

ちょっと学びたいかもしれない・・・

でも日本人である私の中の何かが

すんなりはそうさせないんですけどね~ぇ(笑)




  
 トークモアは人気上昇中の日本人講師メインオンライン英会話サイト!ワンレッスン300円~始められます!
 生徒さんのニーズに合わせた大好評ジーノレッスンはポイント 1コマ★750円★でレッスン中!詳しい講師プロフィールこちら
【只今出産後でちょっとの間レッスンお休み中です!復帰するまでもうしばらくお待ちください・・・】
テーマ: ♪人生・生き方♪ | ジャンル: ライフ

【52】空港バスでの出来事



先週、バカンスからの帰りの空港バスでの出来事。


travelimage01


モントリオールの空港はピエール・エリオット・トルドー空港と言って、モントリオール島の西側に位置している。


去年就任した、

「イケメン首相」「歴代でも二番目に若い首相」(43歳)

ってことで話題を呼んでいるジャスティン・トルドー首相のお父さん、

トルドー氏の名前をとった国際空港。
もうお父さんの名前が建造物とか所在地の名前につけられてることからして、カナダの歴史が浅いことがうかがえるでしょ?(笑)


政治のことは全くと言っていいほど興味がないジーノだけど、

このジャスティン首相には個人的になんとなく好意を持ちどっちかというと期待しているジーノ


去年のゲイパレードに参加している彼を間近で見て、笑顔から人柄がにじみ出ていたのと、

就任式で記者の

「Why it was important for you to have a gender-equal cabinet, 15 men and 15 women?」

の質問に対して、言った

「Because It's 2015」


に彼のすべてを感じ取った気がしたのだ。
興味ある人は調べてみてねこちら



まあとにかくこのトルドー空港は街中心部からバスで1時間弱、

747番の空港バスでアクセス可能。


到着便が夜20:30くらい着の予定だったのに、多少遅れたせいと、

入国審査も少々混雑、

時差ぼけも手伝って

とにかく早く家路につきたかったジーノ。



空港バスは幸い座れ

スムーズに中心街手前まで走っていたので10時くらいには家に着けるかなと思っていた。


しかしこんな時こそカナダ


何か問題が発生する予感はしていた(笑)



信号待ちのこのバス、エンジンがかからない。

わ~今かよ~って思ったけど、

運転手が再度チャレンジ。

でもダメそう。


異変に気付いた乗客たちもちょっとざわつくけどみんな「いつものこと」くらいで比較的静か。


次のバスが追いついて、

運転席越しに運転手同士が何か会話している。


しばらくすると

信号を渡ったところに次のバスが駐車し、

運転手が私たちのバスにやってきた。


「エンジンがかからないので、みんな降りて。俺のバスに乗ればいいさ!」

なんて救世主みたいなセリフ(笑)



まあここまでは日本でもあるかも。

言い方は違ってもね。

たぶんまずは

「申し訳ございません」って会社的に謝ると思う、日本の運ちゃんなら。

そして状況説明して乗客を促し、

スーツケースなんかを運ぶのを手伝ってまでしてくれそう。


でもカナダはもちろんそんなことまで「乗客=お客様」ってのはないので、

私たちの運転手はとりあえず

「タバナック」(ケベック特有の罵りの言葉・・・意味はちきしょう!ってな感じ)

って言って、

バス運営本部に連絡を入れてる様子。




一方乗客の私たちはというと、

まあ仕方ないな、ってかんじで

スーツケースを下ろしてバスの外に出て

信号の向こうにいるバスを目指す。



ジーノはというと荷物がたくさんあったのと、

観光できたと思われるアメリカ人らしきカップルが荷物出しに手こずっていたので

手伝っていたのもありちょっと降車に時間がかかった。


信号向こうのバスに乗り込むべく坂を上ろうとしたところ・・・


ブイ~ン・・・


え!?


バス行っちゃった。(笑)



何だよ全員降りるまでとかさ、

待っててくれないんかい?!
。゚(゚´Д`゚)゚。



私たちの運ちゃんは相変わらず携帯と遊んでるし(笑)



てなわけでジーノを含めた5人くらいは周りに何にもない道脇でうろうろ。


まあモントリに住んでる人はこの降ろされたところが中心街のどのへんなのかわかっているし、

近くのメトロの駅が坂をちょっと上がったところなのも知っているけど、

観光客の人は目が点・・・



次のバスがどれくらいで来るかもわからない状況で、

運ちゃんからもまったく率先した情報がない。


日本なら運転手ひたすら謝るか、

次のバスが何分間隔で来るとか教えてくれたりするよね・・・・きっと。

でも相変わらず携帯で遊んでる(笑)


これ夏だから外で待っていられるけど、

冬だったらどうすんねん(笑)


ジーノもどうするどうする~って頭の中でなってるけど、

まあ次のバスを待つか・・・頑張って荷物引っ張ってメトロ駅まで歩くか・・・

なんて思っていたら、



運ちゃんが

「エンジンかかったから乗って!」


なんだい動くんかい!?!?!(笑)


ブーブー言う人もなくみんな素直に乗り込む(笑)



運ちゃんはかなりのスピードでバスを走らせた。

いやたぶん・・・

「乗客に迷惑をかけたから少しでも早く目的地まで走らせよう」

ってんじゃないと思うけど。

たぶん

「自分の勤務時間が延びるのは嫌だから早く走らせよう」

ってなことだと思うけど。(笑)


まあ何はともあれ・・・

家路についたのは12時過ぎてました。

はは(笑)

疲れた~(;_;)

なんだかんだ睡眠4時間弱で出勤。


まあカナダではこんな出来事珍しくないんだけど。

誰のせいでもないけどさ・・・

会社を背負った運転手って皆無でね、

何かトラブルが起こった時の対処の仕方は個人個人に任される場合が多いので、

運ちゃんでも乗客であっても、

いい意味でも悪い意味でも平等なわけだ。

みんな基本的な個人的感情レベルの対応の仕方で仕事し、

生きてるよね、
と感じた出来事でした★




  
 トークモアは大人気の日本人講師メインオンライン英会話サイト!ワンレッスン300円~ビギナー安心価格!お試しレッスン開催中★
生徒さんのニーズに合わせた大好評ジーノレッスンは只今ポイント 1コマ★750円★レッスンとなってます!詳しくは講師プロフィールこちら
テーマ: 日々のできごと | ジャンル: ライフ