メープルランドの日常

~愉快でユーモラスなバイリンガル都市生活ブログ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【71】バスもポリスも除雪車もスケート


日本も肌寒い日がやってきたようですね。

・・・・と、

日本の友人からメールが来たりしますが

気温を聞くと「10℃くらいかな~」っていうんです(笑)ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3


え゛??

ここモントリオールはマイナスですけどね、もう。

今現在お昼ちょっと前ですが、気温はマイナス5℃です。

ジーノもカナディアンになったかな?ぜんぜん寒くないです、外に出ても。


snowday02



気温を聞くと驚く数字だったりしますが、

それより注目すべきは

野外には危険がいっぱい!ということ。


雪道を歩いたあと、

温かいお店に入ると

足元が水になって転びます。




何をやるのも仕事が遅いカナダの人たちですが(笑)

冬支度に関してはさすが、対応が結構早かった



初雪の日、

近くの薬局に行ったら

入り口付近には足元対策のカーペットがすでに敷かれていました。


BRAVO!

store01
これがびちゃびちゃになるんだわ、すぐに(笑)



先日、

凍結した道路に除雪車が来て塩をまく前に雪が降ったものですから、

ダウンタウンエリアで大規模な事故がありました。

その一部始終のビデオ投稿があります


https://www.youtube.com/watch?v=0BhhsEuYXZQ

けが人はなかったようで幸いですが、

冗談か??

というくらい道がスケートリンク化し・・・



バスも滑る

タクシーも滑る、

駆け付けたポリスも滑りまくって、

出番だぜ、待ってたましたと登場した

除雪車さえも滑りまくって

ポリスにどっか~ん!


でした(笑)


笑い事じゃないんですけどね、これ


車内にいた人たちはかなり怖かったと思います。


車のコントロールがきかないんですもの。



てなわけで、

雪靴にちゃんとスパイクがついたのを用意しないと、

転んで、頭が割れるかも、の恐怖・・・


去年も凍結した道の危険に関してはブログ記事にしましたが、


今年は

自分だけすってんころりんならまだしも、

今は抱っこ紐で我が子を抱いている

もしくは

ベビーカーごと滑ったら大変!


雪景色きれいで見とれてる場合じゃない!


気を引き締めて気をつけないとです。





  
 トークモアは人気上昇中の日本人講師メインオンライン英会話サイト!ワンレッスン300円~始められます!
 生徒さんのニーズに合わせた大好評ジーノレッスンはポイント 1コマ★750円★でレッスン中!詳しい講師プロフィールこちら
【只今出産後でちょっとの間レッスンお休み中です!復帰するまでもうしばらくお待ちください・・・】
スポンサーサイト
テーマ: 最近の出来事。。 | ジャンル: ライフ

【68】落ち葉は掃かない件


こちらモントリオールは只今秋本番


(あてにならない)とあるネット天気予報では

来週の月曜日、最低気温-2℃で

雪マークさえ出ていますから・・・・

これが当たるにせよ当たらないせよ、

美しい秋が終わる足音が聞こえ始めているのは

残念ながら・・・・

確かなようです。




だからこそ、

この時期たくさん散歩して日々変わる木々の色を堪能しなければ損!!

falls17

モントリオールの街並みで特徴的なら鉄の階段付きアパートに本当によく似合う落ち葉たち
falls15


falls14



とにかく

並木道が美しい・・・

ちょっとした公園が美しい・・・・

落ち葉があちらこちらに・・・・


falls19



先日

歩いていた時、ふと

日本との大きな違いに気づかされました・・・



こちらの人は、

ほぼ100%

落ち葉を掃かない!

ということ。



日本では近所迷惑とかも考え

庭の木がちょっとでも道に落ちようものなら

さっさと掃いてきれいにしてしまう、

とういうのが風景となっています。


でもこちらでは、

みんなそのまま・・・・

嫌絶対落ちたままのほうがきれいですから・・・・!(ゴミも隠すしね



falls20

こ~んなに道いっぱい歩道いっぱい落ちてても

自転車で通ったら滑ったりしそうですが・・・

誰も気にする人はいません。



自然のことですからね。


それに

掃いても掃いても

ひと風吹けば

とんでもない量

落ちてくるので意味ないんです(笑)


市で派遣された落ち葉掃除の人も

いることはいますが・・・・


彼らは落ち葉を逆掃除機みたいな機械

道の横に吹き飛ばしているだけで

落ち葉自体をどっかに捨てるみたいなことはしてないです(笑)


falls16


道の落ちた感じも

これまた美しくて

まるで着物の柄を見ているよう


本日の散歩では

ハロウィーンのデコをアパートの入り口に飾っているところがありました。

halloween07

halloween06

halloween08


みんなこの時期に楽しめることをこの時期にやっているようで~す。



  
 トークモアは人気上昇中の日本人講師メインオンライン英会話サイト!ワンレッスン300円~始められます!
 生徒さんのニーズに合わせた大好評ジーノレッスンはポイント 1コマ★750円★でレッスン中!詳しい講師プロフィールこちら
テーマ: 生活の中で | ジャンル: ライフ

【66】散歩する余裕



今朝の気温はなんと4℃!まで下がり、

早くも暖房を入れる羽目になりました、ジーノです。



つい最近まであせもができて暑くて大変だったのに、

言わんこっちゃない

やはりここは秋から冬が駆け足のモントリオール。
うかうかしてると雪でも降ってきそう!



そんなわけで、カナダ最高の魅力でもある

紅葉が街中にもやってきました。



先週末と比べるとかなり木々が個々の色を発色しています


falls11


写真では伝えきれないけれど…

本当に美しい限り。

falls06

falls05

falls07


日本にいるときは

仕事と家の往復ばかり・・・

月を眺めることすらめったになかったけれど、

やっぱりカナダに来てから空が広いせいか

雲を見たり

夕焼けをみたり

街中にいても

仕事をしていても

自然と共存してる感があります。


falls10

falls12



散歩なんて

老人か暇人(笑)しかやらないのかも・・・なんて日本ではなんだか忙しくて

わざわざ「散歩する」心の余裕なんてなかったような・・・




でもこちらに来てから

散歩は結構します。



まあスーパーに買出しにいく用事の次いでってこともあるけれど、

景色を見ながら、単に街並みに自分を置く時間をあえて作るような時間をもうけるのです。



特にこの時期はその辺歩いているだけでも紅葉がきれいだし、


falls09


出没するリスを目で追うのも楽しいしってことで。


またあと1週間もすれば散ってしまうのだろうから、

今のうちにこのカナダの素晴らしい景色を今年の分焼き付けておこうと思います。

falls13


falls08






  
 トークモアは人気上昇中の日本人講師メインオンライン英会話サイト!ワンレッスン300円~始められます!
 生徒さんのニーズに合わせた大好評ジーノレッスンはポイント 1コマ★750円★でレッスン中!詳しい講師プロフィールこちら
テーマ: 季節を感じる | ジャンル: ライフ

【59】育メンてなに?


先月でしたか、

日本のニュースで印象的だったものがありました。


パパが会社に行く前に2歳の子供を保育園に送っていくつもりで車に乗せ、

忘れて

そのまま会社へ出勤。


夕方ママが保育園に来ていないと気づきパパに連絡するまで

気づかず、

2歳のお子さんは猛暑の中、

一日中車の中で身動き取れず

亡くなっていたというものです。

衝撃でした。゚(゚´Д`゚)゚。



この事件?事故?を聞いただけで、

いろんな謎・問題・考えさせられる点が出てきます。



まず、

このパパが忘れたっていう点・・・

保育園に送っていくことが

彼にとって日常的なことではなかったのか??


子供を忘れるくらい

仕事のことで頭がいっぱいだったのか?


本当に一日中仕事の間

子供の事を一瞬でも思いださなかったのか?

などです。



どんな家庭環境で

どんな日に

これが偶然または必然的に起こってしまったかわかりませんが、

このパパだけを責められる事件ではないように思います。


でも、

やっぱり仕事に行くルートに保育園が入ってなかったのだとすると・・・

どうも私には、

高い確率で彼の日常に子供を送っていくというタスクがなかったように思えて仕方ない。



たまたまこの日、

ママが送っていけない理由があってパパに頼んだんだとしたら・・・

両親どちらとも後悔してもしきれないですよね。

いろんな社会的な背景も絡んでいるのだろうけど・・・本当に悲しい事件でした。



日本で「育メン」って言葉が定着してからずいぶん経ちますが、

もちろんこの言葉がある限り、それは

まだまだ育メン総人数が少ないということを逆に示していることになります。



もちろん

英語に造語である「育メン」なんて言葉はなし、

そもそも

一般的に「育児は女性の仕事」っていう考えが根っこにないので

カナダでは

いわゆる育メンにあたる男性がフツ~に居るのは当然のことです。



日本では、

まだまだ

抱っこ紐を身に着けてる男の人はなんか弱々しいとか、

妻の尻に敷かれているとか、

父子家庭でかわいそうに~だとか、

想像力もないのに

勝手な印象で見る

周りの野次馬が、外野がうるさいうるさい



カナダでは事情も知らずして勝手にそんなこと思う人はたぶん皆無です。


特に

ケベックでは働く女性の数も多く、

子供が産まれたら育児に専念~

なんて思っている人はごくわずかで、

パートナーと協力して

育児を自分たちでしないで誰がやる??

自分の子供だろ??的な考え方


みたいです。




それにしても、

子供を託児所(Day Care)や学校に送って行ったり

退勤時、

子供を連れて買出しに行ったり散歩したりしているパパの数がハンパない!!



ママ同伴とかじゃないです、

パパのみの確率高い!!!

週末なんかはパパの自転車の後ろに子供を乗せるテント(?)みたいのをつけてどこかに出かけたり。

ほんと子煩悩だなあ~と感心するくらい!




確かに

シングルマザーの子供の場合週末は父親と過ごす~だとか、
(逆にシングルファーザーの場合もあるし)

休職中・無職のパパが多いから育児はパパ任せ~だとか、

いろいろ日本の事情とか違った見えない事情もあり、

まあ表面的に見れば・・・ってこともあるんだろうけど。

それでもこの数はハンパない!!



ちょっとジーノ、勝手に簡単な統計を取ってみました

1週間調査!


通勤時に見た子連れで、

パパのみと歩いていたり、

パパのみにベビーカーで連れられている子供や赤ちゃんの数を数えてみる。


通勤は約20分間
です。




結果・・・・・

平均毎日平均5組見ましたね。

20分の間に5組ってすごくないですか?

ママとだけ一緒にいる数のほうが圧倒的に少なかった!



他人の生活風景なので、

写真むやみに撮れませんでしたが・・・・

盗撮成功できた(笑)モントリオールの育メン写真オンパレードです。

ikumen01

ikumen02

ikumen03

ikumen04

ikumen05

ikumen06

ikumen07

ikumen08





  
 トークモアは大人気の日本人講師メインオンライン英会話サイト!ワンレッスン300円~ビギナー安心価格!お試しレッスン開催中★
 生徒さんのニーズに合わせた大好評ジーノレッスンはポイント 1コマ★750円★レッスンです!詳しくは講師プロフィールこちら
テーマ: 子育て・育児 | ジャンル: ライフ

【50】夏はフェス!



中華街でごぼうを買ったら、買い物袋に入らない長いごぼうをみて

レジの(中国系の)お姉さんに

「半分に割るよ、いいね?」

と半強制にごぼうが目の前でポキっと音を立て、

(日本人的に)しばらく動揺を隠せなかった

ジーノです。



こんなふうにちょっと日本じゃありえない日常の会話や刺激ある風景、

楽しんで生活しております(=゚ω゚)ノ


さてここモントリオールは、

夏になると「フェスティバルの町」と名が変わるほど、

本当に毎日何かしらの野外屋内問わずフェスティバルがあるんです。


自治会でやってるようなのストリートフェスティバルから、

街を上げた大きなものまで本当に様々なフェス・フェス・フェスの嵐


その数ハンパない!(゚д゚)



今月にあるものをちょっと一部だけ紹介しても・・・


 International des Feux Loto-Québec - Montréal International Fireworks Competition (2 - 30 JUL)
・・・・第32回モントリオール国際花火大会。花火と音楽をシンクロさせた華麗なショー!

 
Shakespeare-in-the-Park (7 JUL - 4 AUG)
・・・・公園でシェイクスピア劇『ジュリアス・シーザー』を楽しもう!

 
Festival International Nuits d'Afrique (12 - 24 JUL)
・・・・アフリカンミュージックフェスティバル

  Sainte-Catherine Street celebrates! (15 - 17 JUL)
・・・・サイドウォークセールやストリートアートが楽しめる

  1001 POTS (8 JUL - 14 AUG)
・・・・第28回陶芸展示即売会

  Festival de International de Jazz  (29 JUN - 9 JUL)
・・・・モントリオール国際ジャズフェスティバル

  Just For Laughs Festival (13 JUL - 1 AUG)
・・・・世界最大級のコメディフェスティバル


などなど!

平日週末、雨天晴天構わずいろんなところでいろんなカルチャーのお祭りが目白押し!


行きたいフェスティバルの日にちがかぶったりしてどちらに行くか迷ったり・・・

住んでる者としては大変です!



そして何より、

屋外のものは特にそのほとんどが、

無料で楽しめる

ことが魅力。



ただただなんとなく足を延ばして楽しんで帰ってくる感じ。


特に今まさに開催中で、

みんなが話題にする

モントリオール国際ジャズフェスティバル

1000のコンサートの内、
3分の2の屋外ライブが無料!
ってことで、

毎年すごい盛り上がりよう。


かなり名の知れたアーティスト国内外からも呼ばれたりします。


昨日野暮用があって

開催地のダウンタウンのPlace-des-Arts(プラスデザーツ)って付近を通ってきました。

まだ早い時間で雨降りだったのでかがんがらんでしたが、

特設ステージがあちらこちらに設置されていて、雰囲気たっぷり

jazzfest01




そして

夜にはこんなに賑わいになります

jazzfest02


その他、

野外のサーカス、
各国の音楽祭、
ダンス、
楽器、

思いつく限りのフェスティバルが町中にあふれてるので

毎週楽しみ~

カナダでは日本と違って、

野外でアルコールを飲むことが法律で禁じられているので


フェスティバル敷地内ではこれも違法でなくなり

みんなちょっと普段より羽目を外すかんじも

面白かったりします。


乾杯~~


いろんな国の人たちが暮らしているだけあって、

「南米のお祭り」

とか

「アジアのお祭り」

とか

くくりが大きいものより、

「コロンビアの祭り」

「べネゼラのお祭り」

とか

一か国限定で行われたりするのもすごい。

もちろん

「祭り・ジャパン」もありますよ~(8月)

japfest01

去年の様子

なかなか毎年規模が大きくなっているようで、

いろいろ企画があるらしい。

フードはもちろん、

漫画文化、盆栽文化、太鼓文化・・・

そっか~日本ってこんなふうに魅力的に映ってるんだな~

って再確認できるのも客観的に面白いところであります。

今年も行けたら行ってみようと思ってます




  
 トークモアは大人気の日本人講師メインオンライン英会話サイト!ワンレッスン300円~ビギナー安心価格!お試しレッスン開催中★
 好評ジーノレッスンはこの7月からポイントUP 1コマ★750円★レッスンとなってます!詳しくは講師プロフィールこちら
テーマ: 季節を感じる | ジャンル: ライフ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。