FC2ブログ

メープルランドの日常

~愉快でユーモラスなバイリンガル都市生活ブログ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【121】トリリンガル+


もう2月も後半だし、寒さは和らいできたのかな~なんて

言った途端に大雪が降るってパターンのモントリオールです。

winterscene-2019-04
一晩でこれだもん。車が隠れて雪の山になっている。


毎年わかっちゃいるけどまだ春は遠い感じであります。



2歳数カ月になった娘のことなんですが

最近は言葉の発達が著しく、

スポンジのような吸収力とはこのこと!

ほんと人間ってすごいなあ、猿じゃないなあ… と関心しています。




子供図鑑の絵を見て

ほとんどのものの名前を言えるし、

それを普段の生活の中で見つけるとすぐに口に出せる。


物忘れのひどくなった私達親世代には

羨ましい限り。


文法の知識や理屈なしに

音だけで言葉を覚えていくってこういうことなんだなー


ってつくづく思います。




よく聞かれるのは

娘さんに何語で話してるのー?って質問。



結論から言うと、

ジーノは100%日本語で話しています。




出産前の某子育て講座で

父親と母親の母国語が異なる場合、

それぞれが母国語オンリーで子供と接したほうが良いらしい研究結果がある

との話を聞いていたので

娘には生まれてから日本語のみで接してきています。


もちろん夫の方は100%フランス語で。



なので娘は自然とバイリンガルです。



ただ……

日本語はほぼ私からしか聞かず、

夫と私の間の会話はフランス語、

そして託児所はフランス語なので

娘の返事はフランス語。


ジーノが日本語で話しても

娘はそれを理解し、フランス語で答えるという

2カ国語の変な会話でコミュニケーションが成り立っています。


面白いことに

数えるくらいしかないですが

日本語でしか言わない単語もあるんです。

「耳」「おっぱい」「おでこ」「みんな」「牛乳」…

これらはフランス語でも理解はしていますが

口から出るときはなぜか日本語。

もう少ししたらこれも変わっていくのかな…と、

起きるたびに確実にお利口さんになっていき、

たどたどしかった発音もだんだんはっきりしてきた娘の成長…

ちょっと寂しいような気もする今日この頃。




それを踏まえて

やっぱり英語はできたほうが(今から慣れさせておいたほうが)いいだろうということで


今年から夫婦であるトリリンガル教育な試みを実施しています。



それは

日曜日は英語で話す日、

と決めたのです。

当初は木曜日だったけど、平日だと忙しく曜日の感覚がなくなり三日坊主…どころか一日坊主で二週間もスルーしてしまったため、娘と接する時間も長い週末に変更(笑)



とは言っても

私も英語が母国語ではないし、

うちの夫も英語が上手とは言えないので

どれだけ効果があるかはわかりませんが。



娘はまだ小さく「何語」っていう区切りで理解していない様子。

ただ、

ママとパパが(You Tubeで見たセサ○ストリートの)エルモみたいにしゃべる!

って言われて(笑)驚きました。


先週日曜は夫と英語で結構真剣な話を長々していたので

いつもはおしゃべりな娘がしょんぼりしてたのを見かけたし。

なんかいろいろ気づき始めている時期なんだろうなあ。




ジーノの経験からすると

言語力のレベルは継続で、約3ヶ月毎の目安で何らかの変化があると思っています。



20年前、高校卒業したてでまだ英語力が低い状態で9月からカナダに行き、

大学の授業も半分わかったような分からないような状態で、

宿題が出たことは理解してもなんの宿題か分からず

クラスメートや先生に毎回確認しなきゃいけなかった留学時代のはじまり3ヶ月。


その冬、

トロントの友達のところへ遊びに行ったのだけど…

そこで出会った日本人の学生で冬から語学学校スタートしたばかりの奴らがいて

彼らの英語を聞いた時、

奴ら全然わかってないじゃん?って思い、

気づかないうちに自分の英語が成長していたのを実感したものです。





それからさらに3ヶ月後には

宿題がわからない、ということはなくなりましたし

リスニングがかなり伸びたなあとまわりと比べなくても自分でわかるように。

更に3ヶ月後、

今度はスピーキングスキルがぐんぐん伸びていきました。



自信をなくしまくっていた時期もあったけど、

やっぱり言語って、

積み重ねでインプット&アウトプット(入力&出力)の繰り返しにて身に着いていくものなんだなあと思います。



その計算だと

娘の日本語は

アウトプットさせないと成長していかないってこと…

なかなか今の生活では日本語を話す友達を作るのは困難。

今後の悩みとなりそうですが

今できる事は娘へのインプットを絶やさないこと。




そんな私も

やっぱり英語もフランス語も

基本は教科書で学び、

書いて覚えてきた環境世代なので

自分がどんな勉強方法が合ってるか、

なんて考えなかった過去。



娘の環境のように音で学ぶ方法ってのを試したことがありません。



そこで、今年に入って自分の言語力のために実践していることがもう一つ



去年から勤務先にスペイン語を話す同僚がなぜか増えたので

前々から興味のあったスペイン語を

今までとはちょっと違った学び方をしてみようと思ったのです。


仲良くなったメキシカンの同僚はこの案にすごく乗り気になってくれたのもあって。



紙に書くとか

動詞の活用法とか暗記するとか一切なく、

勤務時の15分休憩で

よく使うちょっとしたフレーズだけカジュアルに聞いて耳で覚える、

というもの。



なにせアラフォーですからね…多少無理はありますよ(笑)

覚えておけない脳みそになってきてはいますが、

毎日の積み重ねとリピートリピートで

馬鹿でも覚える仕組みを作り出し、

頑張ろうと思っています。



テストもプレッシャーもゴールもないので

気楽なものですよ〜。


フランス語にも似ているので

なんとなく語尾を変えるとスペイン語になってしまう場合も多々あり、

思った以上に通じちゃうのも面白い!


今のところ

テーマはなく思いつきで「これってなんていうの?」

という風に教えてもらっているので、

年始からの体調不良に関するフレーズや

悪い言葉ばっかり覚えてますが…(笑)



とっても楽しいし、

やっぱりラテンの人たちは素直で明るく、

ワイワイガヤガヤの休憩時間です。

自分の言語に対するパッションが

10代の頃からずっと続いていることにも気付かされるひとときであります....






  
 トークモアは人気上昇中の日本人講師メインオンライン英会話サイト!ワンレッスン300円~始められます!
 生徒さんのニーズに合わせた大好評ジーノレッスンはポイント 1コマ★750円★でレッスン中!詳しい講師プロフィールこちら
【只今育児奮闘中でレッスンお休みしてます】
スポンサーサイト
テーマ: 子育て・育児 | ジャンル: ライフ

【120】風邪引いたら…やっぱ、おかゆだろぅが~!!


どーも、明けましてー!

ご挨拶遅くなりました…

もう旧正月さえ過ぎちゃいました。 新年快乐!


こちらは例のごとくマイナス20度以下の日が続いております。

winterscene-2019-01


実はジーノ2019年の幕開け、

散々な体調不良で参っています。

そしてまだ微妙に現在進行形



winterscene-2019-02
我が家のテラスも雪が積もってこんなになってしまいました。

winterscene-2019-03
比較的暖かい日に(といってもマイナス13℃)娘と雪だるまを作りましたが雪がサラサラなので丸くできずおにぎり型に。


年末年始の悪運については後日またネタにしたいところですが、

今回は先週から引いている風邪について

夫と文化と育ちが違いすぎてしばしば驚いている件について。



風邪引いたらやっぱ日本人は

おかゆが食べたい



消化のいいものを食べて

ネギを首に巻くとか?

みかんで水分とビタミンCを取るとか




フランス人である夫…こんな時どうするかって聞いたらびっくりです。



コーラを飲むそうです。(笑)

糖分が半端ないから健康に悪い!って世間からも要注意なコーラですよ?

しかもアンチ=アメリカなフランス人の夫がですよ?


でも

フランス人じゃない人に聞いても結構コーラ飲む人ザラにいる!!

私にはそんな発想がなく、

えー?!コ、コ、コーラ?と思ってしまった。



そんでもってチョコレートを食べる!


っていうより、

基本的に自分の好きなものを食べるのが風邪引いたときの食事だそう。

自分を甘やかす、ってことか?!(笑)


一度夫がひどい風邪を引いて寝込んだときに

ニンニクとはちみつたっぷりの活力ジュースを作って飲ませたら

「体調が悪いって時にこんな最悪なもの飲ませるなんてどうにかしてるよ!」

と怒られたことがあったっけ(笑)

でもそのおかげなのか次の日嘘のように回復したじゃんよ(笑)


それを認めているのか否か、

飲みきれなかったジュースの残りが

その後何ヶ月か冷凍庫の奥で密かに出番を待っていたのである…




次にお風呂。

日本人である私は風邪引いたらお風呂は入らないほうがいいと教わったし、

熱があるときは絶対入らないのが基本だと認識している。


夫は…逆!

熱があるときは冷たいお風呂に入るべし!

だそうな。

熱を冷ます…ってことらしい!

え、これ修行にしか聞こえないんだけど!(笑)

何これ?肌質の違い?(笑)




次に体温計。

うちの家族は脇の下で測るタイプの体温計だった。

まあ口で測るタイプもあるのは知ってるけど。

フランス人は

基本「お尻」で測るタイプらしいですよ。

ちゃんとした体温が測れるんだとか。


まあそこはわかるけど、

調子悪い人のお尻にブスッってやるのはどうも想像しにくいし…

第一、夫が風邪で体温計私が刺すんかい?

本人自分でやるんかい?の疑問。



そんでもって衛生的な疑問がまずあると思うので

「じゃああなたの家族は一人一本自分専用の体温計があるんだよね?」

と聞いたら、

はい、さすが!

「家族に一本しかないよ。」

えー?

あの忘れっぽいあなたの家族は一本しかない体温計を共有してんだー!

拭き忘れたりしてねーか?

アルコール消毒とかちゃんとしてますかー?


これ聞いただけで病状が悪化しそう。

これはどうしても譲れないので

今、ジーノうちには脇で測るタイプ3本、

お尻のタイプ2本、

と家族の人数より多い体温計数を常備。


今のところ娘しか使ってないけれども

お尻のタイプでやりたきゃ夫にやらせてます。

もちろん使用後の衛生管理に目を光らせて!



それから…

鼻水が出たら…
夫は何が何でも即、 かむ!

私達日本人は

結構鼻水ズルズルしててもかめる状況にいない場合

どうにか乗り切ろうとする傾向にある気がする。


でもカナダでもヨーロッパでも

ズルズルすすっている方が失礼なんだとか。

鼻水出たら即かんでくれ、

とみんな思うらしい。


それはいいんだけど…

フランス人ってティッシュを2度、3度と使うのがどうも嫌。

かんだやつをポケットに入れて保管していたり、

手の袖のところに隠し持っている。

もちろん昨日使ったやつとか

いつ使ったやつかわからない場合もあるし、

忘れていて洗濯してしまうリスクも…!

エレガントでゴージャスな?イメージばかり取りだたされるフランス人の日常はこんなんですよ、騙されないで!(笑)




最後に…

これは文化の違いではないけど、

言わせてもらいたいことがある!

「男の風邪」

ってわかりますか?

英語でも「man's flu」って言われてるんだけど

うちの夫も例外なくこれですわ。


つまり

男の人は大したことない風邪気味だってだけで

大げさ!

もう死ぬーーーーーー!って勢いで

落ち込むし、

何もできない(しない)状態になる。

mansflu-01
(注)映像の男性はは本人と無関係、単なるイメージです


女の人が同じ風邪引いてる時より

オーバーリアクションで本当に困る!

風邪引いてても

トイレットペーパーの芯くらい変えられるっしょ!!と。

mansflu-02
(注)映像の男性はは本人と無関係、単なるイメージです

私が頭痛い!って生理痛だ!とかのときは

ふ〜ん、くらいに聞いてるくせに

自分の風邪のことだと何から何まで構って欲しい風。


今回も夫が風邪引いた時、

ラッパーみたいにフード被って、

普段素足のくせにいつもは馬鹿にしてるモコモコの靴下まで持ち出して、

小股でベッドとトイレを往復するだけで過ごしていやがった週末。

そこまでじゃねえだろーとツッコミたくて仕方なかった…


普段から「ちょっと無理してでも頑張る、踏ん張る、我慢する」

ってのが身についている日本人にとって

「できれば楽しよう(=頑張る意味がわからない)」

って考えが優先される欧米人の違いもあり、

体調不良のときはそれがいつもより浮き彫りになって

男ならなおさらです。

普段もアンニュイなかんじの夫、

風邪ひいたら男の風邪・・・

じゃあ一体いつ活動的になるのであろうか。

たぶん、自分の趣味(?)のカメラを触ってそれ関係の部品をア〇ゾンで見つけて

購入ボタンを押すときが一番アクティブ(笑)

ガキだ、ガキ!

そんな夫も含め、今年もどうかよろしくお願いいたします!





  
 トークモアは人気上昇中の日本人講師メインオンライン英会話サイト!ワンレッスン300円~始められます!
 生徒さんのニーズに合わせた大好評ジーノレッスンはポイント 1コマ★750円★でレッスン中!詳しい講師プロフィールこちら
【只今育児奮闘中でレッスンお休みしてます】
テーマ: 気付いたこと | ジャンル: ライフ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。