fc2ブログ

メープルランドの日常

~愉快でユーモラスなバイリンガル都市生活ブログ~

【191】プライドパレード2023

プライドパレードに参加しました。

pride2023-02



去年は、主催側のあり得ないミスで

まさかの当日中止(去年の記事は→こちらだったので

今年は機関も力を入れ、ボランティアは有給雇用したそうで、

プライド週間のイベントはもちろん、

パレードもいつもよりちゃんと予定や仕組みが立てられていたように感じました。

pride2023-03

pride2023-04




今年は参加者だけでも1万5500人を越して

北米でも最大規模です。


路上観客数もものすごくて

パレードしている側が観客を見て

色んな人がいるなあと感じました(笑)

pride2023-06
ドラーァグクイーンもサービス精神すごいし、大忙し!


日本じゃ確実に(笑)公共わいせつ罪になる露出度の人や

どこで売ってるのその服?という過激個性派シースルーファッションから

振り返るまで、いや振り返ってもたやすく性別が判断できない人もわんさか。


逆に、ということは


私達は普段、

着ているものや振る舞いで「勝手に」女性だとか男性だと

頭で判断してきたという現れです。




この日に限ったことではないけど

モントリオールは流石にいろいろオープンだわ。




モントリオールにいる限り

もう「性的マイノリティー」だなんて言葉は適切ではないと思います。

差別は愚か、区別さえできない性的、人的、バイタリティー。



それでも理解を求めるために続けていくべきパレードや支援は価値があると思います。


今年は

同性愛者などの存在にはかなりシビアなアラブ系のコミュニティーに

訴える姿勢を強くしていたそうです。



知り合いのノンバイナリー(自分の性自認(=体の性ではなく、自分で認識している自分の性)が男性・女性という性別のどちらにもはっきりと当てはまらない、または当てはめたくない、という考えを指す人の)の方は、

ケベック州の保険カードに記載義務付けられている性別が

未だにM(男性)またはF(女性)の二択であることに講義して

保険庁前で演説をしたり

州都ケベック市まで出向いて

ハンガーストライキをしたりもしていました。



同性婚はとおの昔に認められているカナダでも、

個人的、宗教的な差別意識という目に見えにくいところから

政府を動かす法的なところまで

幅広い理解と対策がまだまだいろんなレベルで必要です。




パレードの最中に行われる

「moment of silence」

いわゆる黙祷の一分間。

HIVで亡くなった方、

その他性的マイノリティーを理由に自ら命を絶った、

または奪われた方々への

冥福を祈る時間もあります。


街中の何万人が一斉にし~んと静まり返るのは

パレードの騒ぎなんかより逆にすごいパワーで、

涙が出そうになりました。



近年話題には上がってきたとはいえ、

日本ではまだまだ理解されていないかなあと、

思います。



自分の子供が、家族が、友達が、

性的なところで違和感を感じていたりしたら

親としてどんな言葉をかけられますか?

その前に気づけるだけの視野を持っていますか?

本音も建前も両面で受け入れられますか?

本人と本気で寄り添えますか?



それとも

「うちの子がそうだったらやっぱり嫌、なんか嫌」と思ってますか?


その個人の本音こそ(時間はかかると思いますが)

変わるべきものであると思います。


テレビに出ているタレントでしか想像できない世界であるとしたら

まだまだ悲しいです。


世界は動いています。


まずは色んな人がいるということを知ること、

自分だけの感覚や想像力の範囲を超えたところにも

黒白はっきりわからないグレーゾーンにも

人々は生きていることを知ること。

そこから話始まるんだと私は思っています。


このブログを読んで

私が「外国の」「そんな環境にいる」から言ってるんだろうな、

って思っている人がいたら

あなたの思考はまだまだ発展途上です。


眼の前にいる人、同じ屋根の下の住人のケースになりうる可能性に

もっともっと注目すべきです。


pride2023-05
去年娘と作成したプラカード、中止で使えなかったので今年やっと日の目を見ました!

pride2023-01





  
 トークモアは人気上昇中の日本人講師メインオンライン英会話サイト!ワンレッスン300円~始められます!
 生徒さんのニーズに合わせた大好評ジーノレッスンはポイント 1コマ★750円★でレッスン中!詳しい講師プロフィールはこちら【注*只今育児奮闘中でレッスンお休みしてます】

スポンサーサイト



テーマ: 大切なこと | ジャンル: ライフ

【190】プライバシー重視の時代にモヤモヤすること




カナダでは

ここ何年もほとんど現金を使わない生活をしています。



去年の暮に帰国した際、

日本ではまだまだ現金が出回っていて、

ポイントカードの類も現役で使われていたのにちょっと驚きました。

高齢者が多い国ですから、

使い勝手の名残りもあるのでしょう。



カナダでは、

小さな店でもクレジットカード、またはデビットカード(直接引き落とし)

会計が済んでしまいます。
その代わり、クレジットカードを作るのは日本のように簡単ではないですが。年会費無料やちょっとした審査でもできるセゾンカード、イオンカード、地元の銀行クレジットカード、大手の銀行カード、楽天カード、と何枚も日本産クレジットカードをいくつも持っていた私は、かなり驚かれました。



現金払いだと

店側がお釣りの用意が不十分であることも。

若い世代のレジの子は

現金計算、暗算できなかったり(笑)

ドル札を見て偽物〜と戸惑うこともあるくらいです(笑)

それくらい現金を見る機会があまりありません。



無人レジもコロナから急激に増えましたし、

便利ですが、やっぱり味気ないし、

お店で買い物しても、

レストランでチップさえカード決算に含まれてしまうので

お互いお金の有り難みも、

お金の重みもない気がしてしまいます。



今回お話したいのは

有人レジでポイントカード的なものをスキャンする代わりに、

会員登録確認のため

メールアドレスや電話番号を聞かれることがあり、

結構モヤモヤする時間のことです。



というのも、

人前で電話番号を伝えること自体

他の人に聞かれると危険だし、

プライバシーの侵害極まりないなあと。

でもみんな結構な大声で暗証します。



個人的には電話番号やメールアドレスを口頭で言うのは

正直抵抗あり未だに慣れません。

多少小声になって

余計に周囲から耳をそばだてられているのでは?

と勝手に妄想が働きビクビク。



病院、歯医者、クリニックに至っては、

登録してある最寄りの薬局を割り出すためや

保険の請求先確認に、住所を大声で言われて、

「これが現住所ですか?」

と聞かれたりもして

これまたプライバシーの侵害ハンパない。


個人のセクシャリティー確認を干渉するなとか、

写真を勝手に撮るな、著作権がどうのとか、

個人情報の時代で色々うるさい割には、

そこはいいんかい?

とツッコミどころです。




そういえば先日、

目の不自由なおじいさんをメトロで見かけました。


駅員さんが、杖をついたおじいさんを

車内に誘導しただけで、さっさと行ってしまいました。

おじいさんは手探りで出口近くの椅子へ座ったものの

ちょっと不安そうな顔をしていました。



日本じゃきっとこんな場合、

おじいさんが降りる駅の駅員と密に連絡を取り、

何号車に乗っていると伝えて

降り口で別の駅員さんが親切に待ち構えているのかもな〜

と軽く想像するのですが、

カナダでそこまで繊細な公共サービスは絶対期待できそうにないこと、

私ももうよくわかっています。



おじいさんが私の目の前に座ったので

余計に気になって(笑)



きっと私のほうが後の駅で降りるだろうと思っていたら、

どうも同じ駅で降りる様子。


「手助けが必要ですか?」


自分が助けられるなら、と逆に安心したので声をかけました。


「人に迷惑をかけてしまうことになってすまないね~。本当に親切にありがとう」

と、とても腰の低いおじいさんでしたが、

長めのエレベーターが3つもある地下鉄の駅でしたし、

あまり人の多い時間帯でもないので

私がいなかったらどうしてたんだろう?

という感じでした。



真っすぐ歩けないようだったので、

ホームにでも落ちたら大変!

駅を出てからも大きい通りを越えて

信号を渡った先まで行くようだったので

最後までお供しました。



それにしても

おじいさんとの会話、

個人情報満載の10分弱(笑)



妻はアルツハイマーで入院してるし、

アパート2つも持ってるのでメンテが大変で、

貯金は100万円くらい。


フンフン聞いてはいたけど、

目が不自由な割に

金のアナログ時計をしているあたり、妙に気になります(笑)


なんかの詐欺師かもな(笑)


な〜んて意味もない想像しながら

何故か18ヶ月の息子よりも柔らかいおじいさんのタマゴ肌(笑)の背中に

手を添えて進行方向に誘いながら

彼の人生すべてを知るような話を聞いて、聞かされて(笑)



無事に目的地まで連れて行けて良かったなあと思いましたが、

自分のことべらべら喋りすぎるのは危ないよ~

悪い人も結構いると思うよ~

と言いたい。



それにしても

帰りはどうするんだろう?

誰か助けてくれると思うけど、
カナダの人は誰かしらやれることをやってくれると思いますが。

ヘソクリのありかまで喋らなくっていいからね(笑)

気をつけてね、

と思った。



  
 トークモアは人気上昇中の日本人講師メインオンライン英会話サイト!ワンレッスン300円~始められます!
 生徒さんのニーズに合わせた大好評ジーノレッスンはポイント 1コマ★750円★でレッスン中!詳しい講師プロフィールはこちら【注*只今育児奮闘中でレッスンお休みしてます】
テーマ: 思うこと感じること | ジャンル: ライフ

【189】夏休みサマーキャンプ



日本も夏休み真っ盛りですね。

こちらの子どもたちも

6月の終わりから長い夏休みに入っています。



両親が共働きをしているのが大半なので、

バケーションに行くか祖父母に預ける、以外は

この時期子供は

何らかの「サマーキャンプ」に参加して

1日を過ごします。




美術館主催のアート系、スポーツ系、宇宙を学ぶ系、

中には英語を学ぶためのイングリッシュキャンプなんかもあったりして

値段はピンキリですが

探せば色んな種類のサマーキャンプがあり

その人気度はすさまじく、

春には定員オーバーになるので

早めに計画を立てないと参加が難しいものも中にはあります。


その中でも

何しろ格安なのは

地域のコミュニティーセンター運営のサマーキャンプです。

一週間でおやつ代込み4000円前後で値段も手頃。

これも値段がゆえに

募集が始まってすぐ登録しないと定員オーバーに!


私も娘のために

まだ雪ちらつく春、息子を抱っこ紐で抱えて朝イチで並んで

やっと席を確保できました。




さてさて

キャンプと言っても泊まりというわけではなく

朝8時前ころから夕方まで

いろんなアクティビティーをしながら

同年代のこと遊んだり学んだりして1日を過ごせるというもので、

ほとんど週単位で参加します。




学校がある地区のものは、

クラスの子と会えたり

他校の同年代の子だったり

社交性も身につけられ

学校とは違う環境で成長できるかんじです。




私の娘も

習い事のブラジリアン柔術のキャンプを一週間、

それからコミュニティーセンターのキャンプを3週間、

参加しています。


送り迎えはそれなりに大変ですが、

娘が夕方生き生きして楽しんで返ってくるので

こちらも嬉しくなります。



家にいるより

いろんな刺激が得られるし、

子供は活動的に越したことはないなあと思います。


summercamp-01
この時期、街で見かける派手めの色のおそろいのTシャツでいる集団がサマーキャンプの団体です。


公園に行ったり、

ピクニックに行ったり、

プールに行ったり、

映画に行ったり、

時に珍獣をどこからか連れてきて触る体験できるなど

子供を退屈させない工夫がされています。


大学生などはこの時期、

サマーキャンプのリーダーとして仕事も提供されるので

需要に供給、成り立ってます。
管理体制は別問題として(汗)



自分の時代は

夏休みと言っても宿題もあったし、

毎朝6時には公園でラジオ体操、

プールカードにハンコウを貰わなくてはならないので

学校のプールにも行っていたし、

お盆の数日くらいしか

本当の休みみたいなのはなかったなあと振り返ります。


それでも海や山の麓、田舎で育ったので

汗をかきながら近所で遊んで忙しい夏休みだったなあと。




娘は都会っ子なので自然と触れ合う機会が少ないかもしれません。


summercamp-02
家で粘土で作ったカタツムリを売りつけてくる娘です。それにしても値段の差がすごい(笑)


こうやって小さい頃の記憶が作られて行くと思うと

やっぱり育った環境っていろんな価値観や

将来の考え方や感覚に大きな影響を与えるなあと思います。


とりあえず今年は

キャンプ初参加なので、

娘に普段習い事でしかない(半分イヤイヤ行ってるような)ブラジリアン柔術のキャンプに参加できたことで、

習い事での友達の輪が広がったので

それだけでも充分良かったと思っています。

来年余裕があったら

ちょっと変わったキャンプを体験させられるといいなあと思います。



  
 トークモアは人気上昇中の日本人講師メインオンライン英会話サイト!ワンレッスン300円~始められます!
 生徒さんのニーズに合わせた大好評ジーノレッスンはポイント 1コマ★750円★でレッスン中!詳しい講師プロフィールはこちら【注*只今育児奮闘中でレッスンお休みしてます】
テーマ: 子育て・育児 | ジャンル: ライフ