fc2ブログ

メープルランドの日常

~愉快でユーモラスなバイリンガル都市生活ブログ~

【193】サラダボウルって呼ばれるカナダならではの食事会


先月9月から娘の新学期が始まって、「新1年生」となりました。


プリスクール(1年生前の1〜2年の幼稚園のような時期)も同じ校舎内にあって通っていたので、

あまり娘の環境は変わらないし

お友達もクラスは多少変われど

同じなので今年は親としても精神的に楽な方です。


夏休みの間に

プリスクールで同クラスだった友達の誕生会に呼ばれたり何度かあったので

親の私達もやっと子どもとその親の顔が一致したりして

ちょっと仲も深められたかな、というところ。

と言ってもドライな関係なので

いわゆるママ友みたいな付き合いはなくて面倒もありません。



でも娘がおしゃべりなせいで(笑)

一度も話したことのない誰かのママに

「新しい仕事はどう?」って聞かれたり(笑)

学校でみんなに言いふらしているのか(爆笑)

悪いことはできませんワ!

1eranne
新学期準備で文房具に名前書きなどそれなりにありますが、
大変さは日本の比ではないでしょう。







さて、

私の方はというと...

新しい仕事もまあ順調?です。

やることがたくさんあるので勤務時間があっという間に終わってしまうのはいいことです。

家族経営ならではの「粗」は続々と出てくるものの(笑)

他人の私が、私だからこそ、

目を細めて受け流していられる程度です。



今のところは。

前の職場より、断然仕事を評価されてるのがわかるし、

思いやりがある職場で満足しています。




そんな中、

前の職場のみんなはどうしてるのかなーと思いはじめ、

みんなで会う機会を作りました。


元同僚で

とても仲良くなった人や

せわしい仕事の合間に話して気が合いそうだけど

なかなかプライベートで会うまでいかなかった人と

ちょっとした同窓会です。


カナダはサラダボウル、

色んな国のいろんな考えの人がそれぞれ尊重して住んでいる、

という話は何度となくこのブログでも話していますが、

「ご飯行こう!」っていう

計画そのものにもこの国の特徴が見えるなあと改めて感じました。

注)とあるサイトからの引用です。
アメリカは”Melting Pot”「人種のるつぼ」と言われ、様々な人種・文化が混ざり合い溶け合って1つの新しい国家、文化になったことを意味しているのに対し、カナダは”Salad Bowl”「人種のサラダボール」と言われ、様々な人種・文化が個々の特徴を残しながら1つの国家・文化を形成しているという意味です。カナダに関しては”Mosaic”「多文化モザイク」と言われることもあり、これは多文化が伝統を守って根付いていることをモザイク画にたとえています。



例えば、

「知り合い、友達とご飯に行きたい」

これに伴う相手の都合のやり取りでは

いつ、どこのお店(場所、予算)だけでは決まりません。



計画にあたり次のことを考慮する必要があります。


●調子よく「いいね!詳細教えて!」って言ってくるカナダ生まれのカナディアンほど、ほぼ何かしらの理由で来ない

まあちょっと偏見入ってますが、公私混同しないカナダ人には過去何度も裏切られてますから(笑)言わせてもらいます。きっと全く悪気はないんですが、自分のことを優先するというか、その日の気分で行動というか。なので誘ってはみても、私は半分以上信頼していません(笑)元同僚だからってだけでは、あまり強い関係性は築き厳しいよなあと感じます。比較的、カナダ生まれのカナダ人は人間関係ドライです。当日ドタキャンも多し。



●参加者全員で話せる共通言語は仏語か英語か

これはモントリオールではかなり大事。
10人バイリンガルがいても一人英語しかできない人がいればテーブルでの会話が英語になり、逆もあり。
厄介なのは一人英語しかできない人がいて、一人フランス語しかできない人がいるとかなりまとまりがない食事会になりえます(笑)


●ベジタリアン、ビーガンはいるか

最近はほんとに多いのでこれ、大切。
レストランにベジタリアンメニューがあるかにも関わってくるし、横で肉は食えません(笑)

●断食(ラマダン)の時期ではないか

イスラム教徒もたくさんいるので、ラマダンの時期だと彼らは日が暮れるまで食べ物を口にしません。

●レストランはハラールか

これもイスラム教徒ですが、ハラールかどうか調べるに超したことはないです。

●宗教上食べられない肉があるか

インド人は牛肉、アラブ系は豚肉。

●女子男子混合でも大丈夫か

婚前の(特に女性)若者が、男女一緒に集まれないお国柄があります。

●夜の外出許可が降りるか🇮🇪🇮🇪

その家庭がいかに伝統的かにもよりますが、特に婚前の女性は父親が夜に外出許可をださない可能性があります。家族同伴ならいいということもありますが...

●タバスコ持参するか

メキシコ人とかは味が薄い料理に慣れてないのでメニューによってはマイスパイス持参で来てくれ〜ということも(笑)

●給料日前か後か

日本以上に、ギリギリで生活している特に若者、いや、みんな(笑)なので、給料日がいつなのかはかなり重要。ちなみにカナダでは2週間ごと給料日(木曜)の会社がほとんどです。


そんなわけで、幹事も楽ではありません。


結局、

インド人の女の子は夜の外出が親に許可されず、来られませんでしたし、

多分お金に余裕がなかったと思われる男の子も来ませんでしたが、

共通言語が英語の4人が来てくれました!




職場では話せなかったあんな話題、こんな話題、

今だから話せるあの人のことこの人のことなど、

会話が最高に面白かったです。


みんなの都合が良かった日がたまたま私の誕生日だったので、

なんだかいっぱいプレゼントをもらってしまったり、

私の分を会計してくれちゃった超歳下でファッションモデルもこなすイケメン君。


レストランが閉まっても外で夜風に吹かれながら会話が止まらず、

また定期的に集まろう!といったのもみんなの本音だったと思えたので、

また幹事やろう!と思います。





  
 トークモアは人気上昇中の日本人講師メインオンライン英会話サイト!ワンレッスン300円~始められます!
 生徒さんのニーズに合わせた大好評ジーノレッスンはポイント 1コマ★750円★でレッスン中!詳しい講師プロフィールはこちら【注*只今育児奮闘中でレッスンお休みしてます】
スポンサーサイト



テーマ: コレ知ってる? | ジャンル: ライフ

【192】お一人様時間〜制作アトリエ〜



8月のことですが、自分の誕生日のお祝いに

常日頃から飢えてる(笑)お一人様時間の確保も兼ねて

半日好きなことをさせてもらおうということで

一人、制作アトリエに参加してきました。





トルコのモザイクランプを

自作デザイン制作できるという講座です。




元々アラブ系のアートには魅了されているので、

フェイスブックで偶然目にした広告でしたが

即決で行こうと決め、予約。


うちにも一つ、かなり前に店で購入したアラブ系ランプがありますが

自作のものがあればもっと愛着も湧くし、

ベッドルームのインテリアとして

ブルー、イエロー、グリーンでコーデしてみたいと思いました。

mosaic-01


この講座スタジオは

他の都市では開講しているみたいですが、

モントリオールにできてからまだ時間が経っていないので

予約時は小さなグループでやるのかな〜なんて思っていましたが、

当日10人以上参加者がいらっしゃったので

ちょっとワイワイして楽しかったです。

mosaic-02

mosaic-03

mosaic-04


モザイク柄を自分で色選びやフォームを決めて

糊で貼ってグラス部分を埋めていくだけなのですが、

やっぱり手作業が好きですし、

カラフルな自分の好きなものに囲まれている時間は

絶対に心の健康にいいなあと思いました。

mosaic-06


正しい答えのないアートな世界は

自由でいいです。


mosaic-05

mosaic-07


トルコティーとトルコの甘いお菓子を頂きながら

2時間半。

ビーズやモザイクの破片の向きに集中。



想像していた通り私は時間が足りなくて

最後焦りまくって

ランプの下半分はテキトーに糊でベタベタ適当に貼る羽目に(笑)なって

変なストレス感じたんですが(笑)


制作後、

教えてくれた先生とアシスタントのトルコ出身のお兄さんらと

おしゃべりも楽しかったです。


トルコ人は親日家って聞いていますが

まさにその通りで

日本人だと知るやいなや

日本のあれこれをドキュメンタリーで見た、

日本は道にゴミが落ちてないって本当か?

電車が5分遅れるだけでトップニュースになるって本当か?

首相を撃った犯人は銃を自作したって本当か?

と、彼らの口から溢れる話題が面白かった。


トルコに日本人設計士が作った橋があったそうですが、

ワイヤーが切れる事故があったそうですが(知っていますか?いつの話だろう?)

責任を感じてかその設計士は自殺してしまったらしいんですが、

信じられない!トルコでは誰も気にしてないし

一人の人の責任ではないはずなのにハラキリするの~?

って

その感覚と責任感自体に度肝を抜かれた、と。




「トルコ人は、日本から学ぶべきことが本当にたくさんある!」

と熱弁していました。



他人のことを考えて行動すること、

責任を持って仕事をすること、

いろんな道を極めること。



いいところでもあり

やりすぎるとダメなところでもあり。



こんな話をしてる間も

このお兄ちゃんが勤務時間中、

片付けとか仕事しなくていいのかよ~?

オーナーがこっち見てるぞ〜

と心配になるわたしの思考は

かなり日本人思考なんだろうな(笑)




でも自分の国について

こんなにも目を輝かせて興味を示してくれるのは

異国にて大変嬉しいものです。


アート制作で

心の癒やしを求めてきたのですが

トルコのお兄ちゃんにも癒やされました。



プラスターでコーティングしてもらって

自作ランプが完成は1週間後でした。


その日の思い出がこのランプに詰まっています。

mosaic-08



ベッドルームのどこに飾るかまだ決めていないのですが

まずは無駄なデコレーションを嫌うミニマリストの夫を説得する必要がありそうです(笑)





  
 トークモアは人気上昇中の日本人講師メインオンライン英会話サイト!ワンレッスン300円~始められます!
 生徒さんのニーズに合わせた大好評ジーノレッスンはポイント 1コマ★750円★でレッスン中!詳しい講師プロフィールはこちら【注*只今育児奮闘中でレッスンお休みしてます】
テーマ: 小さな幸せ | ジャンル: ライフ